「私の男」2011/11/11 02:36

つないでいるおとうさんの手が、あたたかかった。この火傷するような熱がないと、一時も生きられない。おとうさんでわたしのこころもからだもあふれて、腐り果てそうなぐらいいっぱいに満たされていた。

 桜庭一樹。アニメ好きな人には、「GOSICK」の原作者といった方がわかりやすいでしょう。
 しかしこの作品(直木賞受賞)は、あんな可愛らしいモノじゃなくて。
 表紙だけ見ればポルノっぽい(でも、かっこいい)ですが、中身はもう、欠落による執着をあそこまで描けば、ほとんどホラーです。幽霊に近い、とおもう。
 ヒロインの名前からして、「腐野 花」って。
 9歳のときに津波で家族を失った花が、雨の匂いのする男・淳悟の養女になってからの15年間を六章にわけて、一人称で語られるわけですが、時間軸は、2008年から1993年まで、過去にさかのぼる形で、二人の15年間が掘り下げられていきます。
 そんなわけで、花が淳悟の元からお嫁に行ってしまう第一章がクライマックスで、最もゾクゾクさせられます。冒頭数ページの淳悟の描写にやられます。最後まで読み終わってから即、初めから読み返すのが本書の正しい読み方でしょう。
 大人になった花が、養父との関係の暗さが嫌になってくる2003年あたりを、作者は描いてくれていないのですが、そういった空白すらも「読者の想像の余地」を提供されているような気がしてきます。小説的というより、抒情的です。
 常識的に見れば、娘を性的虐待していて、ネットリした背徳がたっぷりなんですが(たぶん、普通に年代順に物語を追っていけばかなり嫌悪感があると思う)、花も淳悟も、その思いが切実すぎて泣けてきます。
 欠落を埋めたくて、憎しみを持て余して、罪に怯えて、暗い海に惹かれて、互いだけを求め合う、あまりにも濃密すぎる、父と娘。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2011/11/11/6195913/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。