電車ツナガリ、新世界より2017/03/05 23:33

偶然でしょうが、同日のNHKのクラシック番組でもジョン・ウィリアムズ。映画劇中音楽ながら、今や世界の名だたるオーケストラでも演奏される。

南海コンサートは、親しみやすい名曲に控えめなお値段、SAYAKAホールの近さから、ふらりと聴きに行きやすいです。
角田さんという、お若い指揮者さん。選曲もなんだか若々しい活力を感じます。曲の解説が簡潔で親切なのが嬉しい。
南海電鉄がらみで、
E・シュトラウス「テープは切られた」
……オーストリアの鉄道会社の記念イベント用に作曲されたという商品。軽快!
ジョン・ウィリアムズ「スター・ウォーズ」組曲
……なんでこれが鉄道がらみなのか分からなかったのですが、南海電鉄の誇るラピートが
スター・ウォーズのラッピングしていたのでした。メインテーマももちろん良いですが、「帝国のマーチ」の不敵な感じも好きです。
ドヴォルザーク「新世界より」
……こないだ串カツ食べたところ(本来は、渡米したドヴォルザークさんが故郷を思う曲ですが)。しかし新今宮駅の着メロは他の環状線の曲とは一線を画す格調の高さで笑えてきます(南海電鉄じゃない!?)。
管楽器の勇ましい響きが印象的(ホルン素敵!)な演目でしたが、アンコールは「ユーモレスク」(これも鉄道好きドヴォルザークさんが電車の中でメロディー思いついたとか)、流れるような弦のメロディーが美しい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2017/03/05/8393924/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。