第99回 高校野球選手権大会、準々決勝、安定の守備力は2017/08/21 00:06

東海大菅生9-1三本松
天理13-9明豊
広陵10-4仙台育英
花咲徳栄10-1盛岡大附属

八強激突でしたが、どの試合も結構点差が開いたし、応援していたチームも尽く負けちゃうし。公立の希望も、東北の優勝旗の夢も消えた。
今日も大量得点、本塁打も量産で大会記録更新しましたが、こうなると、打ち合いよりも、強力打線を抑える守備力があるチームが頂点に近いんじゃなかろうか。
そうなると、三試合で各1失点しかしていない東海大菅生が安定のディフェンスと思えます。試合を作れるエース級の投手が複数いるし。三本松も安打は出るんだけど、つなげられず。
それに対する花咲徳栄も、強打の盛岡大附を1点に抑えた。守り合いになるかな?
明豊も打ち合いで勝ち進んできたけど、天理の碓井投手のシュート(内角にズバッと来る、打ちにくそう)を攻略できず。9回に代打満塁本塁打を含む6打点を挙げて10点差を4点差まで追い上げたのはお見事だったけど、投手が代わってからだったし。
その天理と対戦する広陵も、複数投手を捕手が引っ張るチームだなあ。
投手の疲労を考えると複数投手は有利。
でも投手起用の妙ってやつが、結構難しいものだし。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2017/08/21/8651771/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。