「日本沈没」2018/02/12 00:15

73年、まだ冷戦やっていて日本が高度経済成長やっていた時代に発表された作品を、95年、あの震災後に刊行した光文社文庫版。
こういうのは一月から三月にかけて地震津波報道が盛んになる時期に読むのが最適、と思ったけど、読んでいる間の、草津の噴火ニュースがすっごい怖くて。
大阪が津波に洗われ文字通りの「水の都」に戻ってしまった場面では、3.11の映像をイメージして読む。イメージなのに、悲しくてちょっと泣けてくる。でも「あそこの島はなんだ」「ばかやろう!仁徳天皇陵じゃないか」のやりとりにはちょっと笑う。
第二次関東大震災の描写も圧倒される。東京一極集中人口過密は、やばい。
映画とか漫画とかにも接することなく前情報無しだったので、沈みゆく島から脱出するサバイバルもの、「ポセイドン・アドベンチャー」のようなものを想像していたのだけれど。
もっと、大きかった。沈み始める前から、沈んだ後まで見据えての「日本人総避難・総移民プロジェクト」。
あらゆるものが詰まっている。一昨年の「シン・ゴジラ」を連想しました。国家滅亡の危機、と言う意味では「進撃の巨人」にも通じるけれど、しかしその二つを合わせたよりもまだ、大きい作品でした。