第90回記念センバツ、九日目、投手のちから2018/03/31 19:39

絶好の花見日和?
いいんです、一日TV観戦高校野球で。

序盤から四死球が多く球数が増え、九回にはついに本塁打を打たれ、さらに満塁にされた先発投手を、それでも続投させる監督さんの意図は如何に?
大阪桐蔭5-1明秀日立
まあ、それでも根尾投手、被安打4失点1奪三振11の完投。
ジリジリと点差を広げていった大阪桐蔭に対し、明秀日立は四球でもらったチャンスを活かせず。最終回の反撃、我慢の投球を続けた細川投手の一振りっていうのが印象的。

九回裏を無安打無失点で抑えた増居投手、そこで何かが切れたのか。十回裏に初安打を浴びて、さらに心理的影響があったのか。サヨナラの犠牲フライで、大記録ならず。
花巻東1-0彦根東
13年夏のリベンジならず。しかし増居投手の強気のストレートは最高でした、また夏に帰って来てほしい選手です。

ほぼ完璧、なロングリリーフは実らず。
三重2-1乙訓
内野ゴロでの1得点のみ、序盤の2失点に届かないまま、なんかあっという間にゲームセットになってしまった感じ。しかし緒戦に引き続き無失策、強打三重打線をここまで抑えた戦いぶりはお見事でした。
本日……明秀日立と乙訓が敗れたために初出場組は全校敗退、また彦根東と乙訓の敗戦によって公立組も姿を消した。

本日二度目の延長サヨナラ!
星陵4-3近江
初回に先制し中盤に追加点、近江のペースと思っていたら、六回に3-3同点に追いつかれて試合は分からなくなってしまった。終盤もつれると、裏の攻撃はやっぱり有利やなあ。
これで今大会3校出場していた滋賀県勢は全て敗退。
そして星陵と日本航空石川、石川県勢二校が八強へ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2018/03/31/8815913/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。