第90回記念センバツ、準々決勝、四月ばか??2018/04/01 20:13

大阪にいたころなら球場へ観戦に行ったかもしれないけど、今日は寝坊!


東海大相模3-1日本航空石川
これまで大量点で大勝してきた相模、接戦になっても、先頭打者本塁打で先制、追加点、ダメ押し、と安定した試合運びで4強。

智弁和歌山11-10創生館
逃げる創生館、追う智和歌。追っても追っても突き放されてきた創生館に、九回裏二死土壇場で、エース平田が同点2点タイムリー、9-9。これで流れが来たか、と思ったら、延長十回またまた創生館がリードを奪う。
しかし。
今大会、サヨナラゲーム何回目だろうか。最大5点差ついたゲーム、何度突き放されても追い続けてきた智弁和歌山が、十回裏にとうとう追い越した!凄い試合でした。

大阪桐蔭19-0花巻東
別の意味で、凄い試合。長打あり、スクイズあり、大阪桐蔭が思う存分暴れまわり、三投手で完封、完勝。花巻東は早めに投手を替え、前日十回を投げ抜いた伊藤投手まで出してきたけど、それを尽く打ち崩されて……大谷時代以来のリベンジならず。
……昔は野球留学っていったら、主に大阪や兵庫の有力選手が別地方の高校から甲子園を目指すことを言ったけど、最近では全国の有力選手が大阪桐蔭に集まり、大阪桐蔭に行けなかった大阪の選手がよその土地へ旅立つという事情になってきているような……
大阪→全国、では、その地域全体のレベルアップになることもあるでしょうが、全国→大阪桐蔭、な図式はただ一校が一強になるだけだよなあ……

三重14-9-星陵
逃げる三重高校、追う星陵…今日の第二試合と同様点の取り合いなんだけど、なんか、守備がバタバタして失策や四死球が失点に繋がって、荒れ試合って感じもする。
八回裏に9-9追いついた星陵。しかし九回、三重が大量得点で試合を決める。
トーナメント表観た時から、準決で2014年夏決勝の再現ならないかなあって思っていましたが。打撃戦必至か。でもこんなバタバタと長い試合やってたら明日休養日とはいえ、疲れが残らないだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2018/04/01/8816694/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。