君の名前で僕を呼んで2018/06/10 23:25

パンフレットが通常版の他に豪華版¥2200があって、どこが違うのか尋ねたら「写真が多い」とのこと。写真集かあ……美しい北イタリアの風景の中にある、イケメン映画。しかし、夏の休暇を、室内パン一で過ごすのは日本男児も西洋の美少年も変わらないらしい。(でも、パン一の美少年がエレガントに?ピアノ弾くってなんかスゴイ)
経済的にも文化的にもレベル高そうな環境で、エリオ君17才は気になる人がいる。最初はイケスカナイと思っていたのに、目が離せない。気の置けないガールフレンドもいるのに、本当に触れ合いたいと思っているのは、同居人のオリヴァー24才だった……
ひと夏の出会いと別れ、男同士版。
なのですが、筋書きそのものは王道っていうか普通っていうか。
イチャイチャと絆を深め、二人きりで旅行したりもするけど、やがて訪れる、夏の終わりと別れの時。……BLにも不倫小説にもありそうな感じです。
普通っぽくないのは、エリオ君の両親がもの凄く息子の同性愛まっしぐらに理解が深く、むしろ応援しているところ。時代が80年代なのに。
美しい風景、ピアノを基調とした美しい音楽、美しい男たち、夏の恋。あらゆる意味で理想郷な夏と、それが閉ざされる冬を描く映画でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2018/06/10/8891715/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。