「ズートピア」2018/06/16 16:29

2016年のヒット映画、金曜ロードショウ。
都会版シルバニアファミリー?いえいえ、ディズニーの3Dアニメ、侮れないなあ。ただドタバタしているだけじゃなかった。高評価も納得。
かわいいウサギちゃんが、相棒のキツネといいコンビを見せてくれる、バディものの面白さもあるのだけど。
明確なテーマ。さまざまな種類の動物が共に暮らすズートピア。究極のバリアフリーに見えて、しかしそこは、必ずしも「平等・公平」とは言えない。ウサギは可愛らしく弱いモノ、キツネはずるがしこくて信用ならない。そんな「偏見」が、彼らの夢を阻む……
登場人物は動物でも、イメージはどっかの多民族国家。
そうやって決めつけられて自分自身を正当に見てもらえなかった経験のある人には、おおいに共感できることでしょう。ていうかそういう経験のある人がこの作品を作ったとしか思えない。「反ステレオタイプ」の設定が随所にあって。小さいのに「ビッグ」って呼ばれていたり、スピード狂のナマケモノとか。
そしてウサギちゃんは、困難があっても、夢を諦めない。知恵と勇気とガッツでウサギ初のポリスになって、事件に立ち向かう。
これを、応援せずにいられるだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2018/06/16/8895565/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。