第100回高校野球選手権大会、7日目、歴史刻む2018/08/12 00:00

第一試合
アナウンサーが何度も繰り返す、「甲子園通算99勝の平安、1勝の鳥取城北」
100回記念大会に100勝目しないわけにはいかない平安の意気込み。京都大会は圧勝続き。甲子園でもあっさり先制して先発の小寺投手も安心な感じで、このまま爆発していくか、と思ったら。
終盤2-2に追いついた、鳥取城北・難波投手の笑顔が良い。しかし、強気な投手も球数が増えて疲れも出たか。はな血も出たし。
3-2でサヨナラ、100勝達成。

第二試合
数年前に三期連続甲子園準優勝のへ八戸学院光星と、昨年まで三年連続兵庫大会準優勝の明石商の対決は、常連の光星が初出場校を突き放すか、と思ったら。
打撃戦、8-8で試合は延長へ。
でもまあ、闘病中の部員が昨日亡くなりました、なんてことになったら、墓前に勝利を届けないわけにはいかないなあ。光星が9-8。
最後、四死球と失策が決勝点につながってしまったのは残念だけど、一年生投手が相手の四番を三球三振に仕留めたのは格好良かった。スクイズを含め、コツコツつないで追いついた打線。来年も頑張ってほしい明石商。

第三試合
明石商が西兵庫で、報徳は東兵庫。100回記念大会で地元の常連校が活躍しないわけにもいかない。俊足トップバッターが三本の二塁打で三度ホームに帰るのが面白い。昔の、敦賀気比の東出君を思い出した。
報徳学園は新監督になって甲子園初勝利。
3-2、ノーエラーゲーム。夏12年連続出場の聖光学院も、接戦だったのだけど。

第四試合
一昨年まで10年連続三重大会初戦敗退だった弱小チーム(あえて)が、100回記念大会で大躍進の甲子園出場。
で、話題になった白山高校なのですが。
初回に失策がらみで3失点、中盤に追加点を取られ、リリーフ投手も被本塁打2本。
甲子園初出場と甲子園初惨敗という、新たな歴史。
10-0快勝の愛工大明電、名門校も、夏の勝利は30年ぶり。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2018/08/12/8939802/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。