「Hallowe’en Party」2017/10/24 23:12

カズオ・イシグロの受賞で思わぬ増版に沸いていることでしょう、早川書房。
でも私にとってはこの出版社は、やはり赤い表紙に黒いカラスのアガサ・クリスティを一番読んでいます。図書館で借りてきたそれはクリスティ文庫、2003年の新装版。背表紙に「ポアロ」「マープル」「戯曲集」など書いてあるのが親切。
1969年刊行なので、クリスティ作品群の中では末期の頃。
推理作家のミセス・オリヴァに相談されたポアロが、ハロウィン・パーティで少女が殺された事件の調査を始めます。
カボチャよりリンゴのイメージが強い。林檎食い競争ってなんだろう?定番ゲームらしいけどパン食い競争のりんご版ではないようです。
珍しく被害者が未成年です。クリスティにしてはなんだか不穏な種類の幻想的(横溝や乱歩っぽい?)描写があったりで。
子供でも容赦しない、殺人鬼を追い詰めるのですが、推理の方は結構ざっくりな感じです。もうちょっとちゃんと動かぬ証拠をそろえるとか欲しかったなあ。

「東慶寺花だより」2017/09/30 00:37

一昨年観た映画の原作、ていうか原案小説。
井上ひさしの作品を読むのは初めてです。縁切り寺の御用宿に身を置く新人戯作者が、亭主と別れたい女たちの事情を、判じ物形式で解き明かしていきます。
でも、どっちかと言うと作中に触れられる鎌倉という土地説明(鎌倉観光を思い出す)や、江戸時代の庶民の風物(お寿司の流行はじめとか、おろし金を使い始める日!?とか)や、巻末の井上ひさしによる東慶寺と江戸時代の離婚の仕組み説明の方が興味深かったりしました。
映画の方はこの連作小説集からアイデアだけ借りてもっと色々詰め込んだ感じだったのですが、東慶寺院代の法秀尼様の貫録はそのまんまなイメージです。格好良い。
おんな、強し。

「獣の奏者 外伝 刹那」2017/07/24 00:10

舞台設定がファンタジーなだけで、中身はガッツリと恋愛小説でした。
恋愛モノではあっても、その底に「生とはいかなるものか」「生き物の性」みたいな哲学が息づいているのが「獣の奏者」シリーズらしい。
短編二つに中編二つ。
各お話の主人公たちはみな、何かを欠いています。どうしようもない事情ではあるのですが、その欠落の苦しみは否応なく彼らの人生に影を落とす。
だからと言って、影ばかりの人生と諦めてしまわない。選んだ道があって、その上には愛するモノもあって。
刹那でないものなんて無い。
移り変わり失われていく人生の中で、自分は何を見つけられるだろうか……

「アトミック・ボックス」2017/06/10 16:09

作品に合わせてGW期間中に読めたらより旬な感じだったかもしれません。
読めば瀬戸内国際芸術祭に行ってみたくなります。実際わたし第二回の芸術祭に行きましたし。
再読です。新聞連載中も毎日楽しみに読んでいたのですが、連載終了後、国家機密を「保護」し情報漏えいを罰する法案について話題になり、「この作中でそんな法が存在していたらどうなっていただろう!?」なんて思っていました。
要するに、一般人であるヒロインが明らかに「特定秘密」に属する情報(戦後日本の原爆製造計画)を得てさて公表しようかどうしようか、というストーリーです。世間様はもうすでに特定秘密保護のことなんて忘れ去った感じですが、北朝鮮の核開発問題が熱い時期に読み直すのもまたヨシ。
そんな風に言うと小難しい小説みたいですが、基本的には冒険小説です。警察が権力と組織力とシステムで捜査・追跡するのに対して、ヒロインが知恵と勇気と友達の輪で切り抜けるのがとても小気味よいのです。
大きな社会と個々の人間性を切り離すことなく描く、それが池澤夏樹の小説の魅力なのです。

「ローマ帽子の秘密」2016/04/24 16:09

国名シリーズは中高生の頃いくつか読んだけど、これは未読だったかな。
アメリカの作家、エラリイ・クインのデビュー作。作者と同名同年齢の推理作家が主人公で、「読者への挑戦状」がつく。
ところが。
これでどうやって犯人の名を当てられるのか、さっぱりわからない。どこか読み飛ばしたのだろうか。
なんかそれっぽいことを語っていたけど、どういう経緯で犯行を行ったかは、犯人の自供で初めて分かる。犯行動機にしたって被害者が手広く恐喝をやっていたのでその被害者が犯人なのですが、ナニをネタに脅されていたのかも後になって分かるし。
全体的にながながくどくどしていて、丁寧に説明しているようでいて、肝心な情報を隠している手法だなあ。
ミステリ部分以外で興味深かった点は、エラリイのお父さんクイン警視が、異様に息子大好きなところ。お前がいないと寂しいよ、って感じで。全然切れ者警察官っぽくないよ。それから、「証拠がなければ作り出せばいい」って、それ、悪徳警官のセリフだ!
1929年刊行。黒人に対する当然のような差別発言が出てくるのですね。アメリカの階級社会の片鱗を見た。

「野火」2015/10/25 13:41

戦争もの小説って、「バリバリ戦場もの」と「戦時下の一般民衆を描く」の二種類ありますが、前者の代表各として超有名なのを初読み。この夏映画にもなって話題になっていました。
こういのって残酷で悲しくて人間性を否定するようなヒドイ物語と相場が決まっていて、そんなものを読んでわざわざ気分悪い思いをする意味があるのかという疑問がないでもないのですが、年に一度ぐらいはそういうのを読んで、そういう現実がある、ということを意識するのもわるくないでしょう。それで、昨年は「西部戦線異状なし」読んで。
しかし、「野火」は、思っていたのとは別の意味で読みづらかった。
「西部戦線」では主人公は戦死して作風はちょっとジャーナリズムっぽかったのですが、「野火」は戦地から帰国して精神を病んだ人が回顧して叙述したってことだからか。
妙にインテリ臭い、持って回った感。形而上的な妄想的な哲学的な自己憐憫的な描写の数々が、かえって戦場を作りものっぽくする。ナマナマしさが無くて。
極限状態にある人間は、そのことを克明に認識しているもんじゃないのかもしれません。あやふやな部分や現実逃避的な思索があって当然なのかもしれません。
でも読んでいて面白いかって意味では、多分、映画見た方が面白いと思う。

「検察側の証人」2015/08/26 22:26

久しぶりに、クリスティーです。彼女の生み出したたくさんのミステリ小説を読んできましたが、戯曲は初めて。小説と違って、ほとんどセリフだけで進んでいくので、読むの早くていいなあ。
何年か前に生誕100周年で映画化されたもので、面白そうだったけど見逃しちゃったのです。大昔の「情婦」(ビリー・ワイルダー)もこれが原作だそうで。
お金持ちのおばちゃんが殺されて、遺言で全財産を譲られることになった男に容疑がかかる。彼のアリバイを証明するはずだった妻は、意外なことに検察側について夫の犯行を証言するのだが……という法廷劇。
改めて、クリスティー作品の面白い所は登場人物のキャラクターの描き方だと思いました。なんか、手抜きの無い魅力を感じます。
ただ、人物の人柄がストーリー展開の肝になると分かっているので、検察側の証人に立った奥さんの目論見はなんとなく、はじめっから察せられるんですけどね。
それでも、やっぱり面白い。

「九年前の祈り」2015/08/02 16:15

朝刊の、一ページ丸ごと広告!文芸春秋の本気度が伝わってきます。
人気芸人という話題性だけでなくて、書評でも絶賛、会社のオッチャンも面白いとおっしゃっていて。
それでも、自分ひねくれているのかなあ、こんな広告見ちゃうと、デビュー作即芥川賞は、やっぱり文芸春秋売り込み目的なんじゃないかと思ってしまいます(未読)。




そんなわけで、かつてなく芥川賞が話題になった今になって、昨季の受賞作です。
まず、ウチの両親も大分出身なのに「こんな方言聞いたことない」のが印象的でした。地域によってだいぶ違ってくるのですね。
都会でバツイチになった女が、子供を抱えて実家に戻るのですが、なかなか厳しいお話だと思いました。
外見は可愛くても人に懐かず泣きまくる息子を、母親はしばしば「引きちぎられたミミズ」にたとえます。子供を心の底から、愛せない。
そんな状況に、九年前のカナダ旅行のエピソードが混ぜ込まれていきます。同行した地元のおばちゃんたちの天真爛漫な様はリアルで。
なのに、幻想的な様子にも思えます。主人公の回想、というフィルターがかかっているからでしょうか。
肝心な「九年前の祈り」がふわふわと曖昧なものだから、最後に厳しい状況にいたヒロインに光が見えるような演出になるのは、違和感がありました。
実際に、おばちゃんたちと再会して元気をもらう、的な展開なら分かりやすいのですが、会いに行く前の段階なのです。
考え方を変えてみれば。
フィルター付き幻想回想であるから、祈りの部分だけをすくい取れたのかもしれません。リアルな現実では、具体的な困難も、目につきやすいものですからね。

「テンペスト」2015/06/22 23:33

ドラマ版は第一回を見て即切ったのですが、もっかい原作本を読んでみようと思ったのは、まあ、最近の沖縄基地問題の件があるのと、そして作者・池上永一のデビュー作がけっこう面白かったからですね。ファンタジーノベル大賞系の作家はハズレが少ない。
で、本作が面白いかどうかというと、微妙です。癖のある作風で、少女マンガのノリ?。男装女子が主人公ですが素顔丸出しなのに同僚もお友達も気付かない。でも髪を下ろすといきなり正体バレちゃう(笑)。
超美形で頭良くて有能な外交官で何カ国語もペラペラで強い霊力もあってしかも昔の王朝の血を引くという完全無欠ぶりで、さっぱり共感できないヒロインです。
彼女に比べて、登場する男たちは皆そろって情はあるけどなんか頼りない。
ヒロインはガチガチの真面目さんですが、脇役の女性陣の方がパワフルでハッチャケていて楽しいです(こちらのノリの方がこの作者の本領なのだと思います)。
しかし、最終章「王国を抱いて翔べ」は胸が痛みます。国の存立を守ろうと、ヒロインたちは清国や薩摩藩やペリー提督と渡り合ってきたのに、怒涛のごとく、琉球は日本のものにされてしまうのです。文庫本四冊に渡って描かれてきた愛国の心が、独自の文化が、踏みにじられる。
ある登場人物がこんな風に言います。百年後、琉球が誇れるように、日本に併合されて良かったと思えるようにして見せる・・・・・・・・・・・
今、中東地域のゴタゴタの根っこに西洋列強の帝国主義があるように。
沖縄をめぐるゴタゴタも、明治以降の日本の帝国主義から発しているのだろうなあ。

「ペルシャ猫の秘密」2015/05/16 14:58

久しぶりに日本のミステリ作家のちゃんとした推理小説を、と思って手に取った、20世紀末頃の発表作品だったのですが。
全然、ちゃんとしていません。まっとうな謎解き感が全然ありません。
有栖川有栖って、割と著名な推理作家だと思っていたのですが、厳密なロジックによる謎解き重視ではないのですね。
関西という土地の雰囲気と関西弁による軽妙な会話がメインの売りで、事件や謎解きは、なんかうっすい。
軽い短編集だったからかもしれませんが。
自分の学生時代には一大勢力を誇っていた。
ミステリ小説、というジャンルが。
GWに読んだ「ビブリア古書堂」シリーズとか、本屋大賞をとった「謎解きはディナーの後で」みたいな半ライトノベルな分野に圧されるのも納得な気がします。
古風な殺人事件と探偵の活躍を読もうと思ったら、古典ミステリに行くしかないのでしょうね。