第89回センバツ、決勝、大阪ではお馴染みのカード2017/04/02 10:17

大阪桐蔭8-3履正社

初の甲子園大阪決勝戦の土曜日なのに、お客さんの入りはものすごいってわけじゃなかったです。アルプスはいっぱいでしたが。大阪同士なので他の地域のファンが遠征してこなかったのと、あまりにも甲子園常連すぎて新鮮味がないからかなあ。
試合展開も、八回までは結構地味でした。中盤までで本塁打三本は凄いですが、全部ソロ。つないでチャンスを作るという期待感が生まれません。そしてブンブン振り回してフライアウト量産の大阪桐蔭。
対する履正社は、さっぱり打てない。四球は結構出るけど(徳山投手が、枠いっぱいに厳しいコースを投げ続けたからでしょう)、併殺も多い、攻めきれない。ようやく一本出たと思ったのに、無死三塁のチャンスに無得点。
このまま大阪桐蔭で行くかと思ったら。
八回裏、ついに履正社が反撃。走者を溜めて中軸で返す、理想的な展開で3点とって同点!一塁アルプス大盛り上がり。この勢いに乗って最終回を迎えるか。
と、思ったのに。
被安打6、3失点のエースに変えて代打、西島が勝ち越し2点本塁打。その後も畳み掛けてこの回5得点。
力を見せつけました、大阪桐蔭。正捕手が故障で主将が急増捕手をやっているような状況でこの圧勝。秋の敗戦のリベンジを果たしました。
履正社も良く粘りましたよ。両チームともノーエラー、ミスらしいミスのない、レベルの高い戦い。
お疲れ様でした。そして、一つしかない夏の代表枠をめざして、またガンバレ!

第89回センバツ、準決勝、ほとんど近畿大会2017/03/31 00:06

え、ほんまに大阪対決なんですか!決勝戦大阪大会。秋の大阪大会の2位と3位が
うわー、当日大雨降らないかなあ。順延になれば土曜に観に行ける。大会運営は大変だろうけど、大阪だったらご家族も応援団も日帰りできるし。

履正社6-4報徳学園
大阪桐蔭2-1秀岳館

報徳は監督の勇退を優勝で飾れず、秀岳館は三期連続で決勝への壁を越えられず。
決勝戦大阪大会。秋の大阪大会の2位と3位が。大会前から言われていたけど、1位のチームがなんか可哀想。

第89回センバツ、準々決勝、西高東低2017/03/29 18:02

履正社8-1盛岡大付属
打撃戦、の予想は外れ前半は0行進。五表にいきなり5点入って勝負が決まる。思いきりよい打撃イメージのある盛岡大付だけど、この日はたった2安打、本塁打の1得点のみという意外。

報徳学園8-3福岡大大濠
当然というか、再試合を含めてずっと一人で投げ続けた大エース三浦を、投げさせることはしなかった福岡。打って勝つ、というゲームプランは、優勝で監督を送り出したい報徳にねじ伏せられる。

秀岳館9-2健康福祉大高崎
守備は堅いのに9失点、安打は結構出ているし盗塁も成功しているのに二点しか取れない。健大高崎はその持ち味は出しているハズなのにこのスコア。それだけ、三期連続出場の秀岳館の攻守が上手かったということでしょうね。

大阪桐蔭4-2東海大福岡
大阪、福岡はどちらも2チームずつ8強に進出です。投手戦になりましたが、やはり中盤から、大阪桐蔭が相手投手を打ち崩していきました。危なげない試合運び。東海大福岡も8回にタイムリーで2点追い上げていったんですがねえ。

大阪2、兵庫1、熊本1、な4強。決勝大阪決戦の可能性が!

第89回センバツ、七日目、再試合再試合!2017/03/26 18:33

一回戦は大差の付くゲームも多かったですが、昨日から二回戦に入って競ってきました。

報徳学園4-0前橋育英
両校とも一回戦は大勝しましたが、二回戦は初回に報徳が4点取って(引越し屋さんとお話していて観てなかったけど)から0行進の緊迫したゲーム。


福岡大大濠1-1滋賀学園 (引き分け再試合)
終盤、三浦投手の制球が乱れてきてこれは滋賀学園ペースにもちこめるか、と思ったのですが、立て直しました、踏みこたえました、15回投げ切りました、すごい投手!
滋賀学園も、今日は継投でしたが一回戦も延長14回までやって、また15回までやって再試合。甲子園めいっぱいだ!

福井工大福井7-7健康福祉大高崎 (引き分け再試合)
本日二校目の群馬勢・健大高崎の機動破壊の恐ろしさ!九回二死1点負けてる場面で、ダブルスチールで試合を振り出しに戻した健大高崎。守備も堅い、雨もなんのそのでノーエラー、福井工大十五回で勝ち越したと思ったのに、地道なカバーリングがしっかりして。だけど打つ方では終盤フライアウトが多くって、おかげでまた試合が終わらない。
 福井工大も、仙台育英に競り勝った勢いがあったのだけど……
 見所満載の試合で観戦するには大満足でしたが、投手の疲労を考えると九回同点になった時点で雨天ノーゲームにしたほうが良かったなあ(結果論)。
 二試合連続延長十五回再試合は、センバツ史上初。

第89回センバツ、六日目、大阪戦ふたつ2017/03/26 00:01

組み合わせの妙と雨天順延もあって、土曜日に近畿勢三校登場で甲子園も大入り。
大阪桐蔭11-0宇部鴻城
履正社1-0呉
盛岡大付属5-1智弁学園

中国大会優勝校をめった打ちにした大阪桐蔭。
履正社は初回に挙げた一点で逃げ切り。呉は一回戦に続いて渋い戦いを見せてくれて、強豪相手でも引き締まった好ゲームになりましたが、あまりにも打てなかった。
春連覇の夢断たれた智弁。中盤まで守り合い投手戦でしたが、盛岡大付属が去年・一回戦に引き続き打線の力を見せつけた。

……夢。大阪代表二校が決勝を戦ってくれたらなあ。

第89回センバツ、開幕2017/03/21 11:52

熱戦は日曜日から始まっているのですが、色々お家の片づけとかしながらのTV観戦は気忙しくって集中できません。
そして今日、完全な野暮用でお仕事お休みしたら、大雨で嫌んなっちゃいます。

第一日
呉6-5志學館
履正社12―5日大三
智弁学園9―0熊本工

第二日
盛岡大付属10―9高岡商
報徳学園21―0多治見
前橋育英5-1中村

開幕戦から延長戦。ともにバントを絡めてコツコツ点を取るチームカラー。しかし終盤は安打数の差が出て、9回に追いつき!延長戦を制した呉が甲子園初出場初勝利。
第二試合は東西の強豪がぶつかる好カード、序盤は完全に日大三ペースだったけど、徐々に履正社打線が調子を上げる……ていうか、日大三のエースが疲れて調子を落としていって崩された感じもします。本塁打で突き放されても、8回に追いついた時は熱かっただけに、9回の大量失点が惜しいです。
伝統校・熊本工は結構好きなチームなんですが、どうにも詰めの甘さが出てしまう。センバツ連覇を狙う智弁学園に大敗。
二日目は出勤でしたから観戦できませんでしたが、盛岡大の打ちまくりゲームが健在で嬉しいです。
そして、多治見の大敗でまた「21世紀枠不要論」が火を噴くか。しかし多治見だって秋の岐阜大会優勝で、これが夏なら堂々たる県代表出場です。残念ながら、勝負の世界なので点差が付くことだってあります。その次の試合の中村高校もそうですが、相手は甲子園優勝経験のある強豪なのだから、なおさら。

第98回高校野球選手権、決勝、栄冠は君たちに輝く2016/08/21 22:41

作新学院7-1北海
投打かみ合い、古豪復活、54年ぶりの優勝、おめでとうございます。
質実剛健、創部100年以上の歴史の中で初の決勝進出・準優勝、おめでとうございます。
結果は、大方の予想通りというか。それでも、点差の割に、一方的な展開には感じませんでした。総合力から作新有利と言われながら、ちゃんと好ゲームになりました。
初回に四死球等でピンチを招き、その後ディフェンスの調子が上がって行き、そのリズムが攻撃にもつながる。ここまでは、北海のいつものペースだったのですが。
打たれ攻め込まれてもギリギリのところで守りきる(そこが今年の北海野球の危ういところであり、面白いところでもあったのですが)、そのパターンが崩れました。四回に大量失点して1-5と逆転される。しかたのないことですが、満塁の場面で内野ゴロをゲッツーにできていたら……
一人で投げ続けてきたエースは降板。大西君は、打者としても抑えられてしまう。チームの柱を封じられ、攻撃は欲しい所でもう一本出ない。最後のアウトが盗塁死というのが、この試合の北海野球のかみ合わなさを象徴するようでした。
逆に、作新は打って走って、いいように試合を進めて行きました。ミスらしいミスもなく、好プレーで投手を盛り立てる。今井投手は、味方の援護を得てから調子を上げていき、そうなると、もう北海高校が付け入る隙などありません。
勝って涙に顔をゆがめる今井投手。
負けて微笑みながら涙ぐむ大西投手。

第98回高校野球選手権、準決勝、さらに崩れる2016/08/21 00:08

作新学院10-2明徳義塾
明徳義塾まさかの大敗。作新学院、後半からエースを温存する余裕。
今井投手の凄さが際立つのですが、今日は作新学院の打撃が明徳を圧倒。ですが、明徳守備陣の失策が多すぎて、打線の好調度はいまいち推し量れません。

北海4-3秀岳館
初の決勝進出をかけて、南北対決。頼れる主将対決も見ごたえがありました。
秀岳館お得意の次々継投でも北海を抑えきれなかったのですが、それでも粘りました。北海は初回にバタバタ失点して、その後見違えるように立ち直ってキリキリ守って0行進、打線が逆転。というのがいつものパターンだったのですが、秀岳館は初回の好機に得点できなかった代わりに、終盤加点して追いすがる。秀岳館主将・九鬼くん(めっちゃ大阪の子だ、喋り方)の素晴らしいバッティングもありましたが、死球や失策を失点に結びつけてしまった北海。
秀岳館の強さと、それを後押しする声援の広がりの力もあるのでしょうが、やっぱり疲れるよなあ。
大西投手は、イケメンでチームをまとめる主将でゲームを作るエースで、元4番を打っていたものだから打撃力もあり、今日も先制三塁打。爽やかで礼儀正しく、アルプス席には美人のお母様が涙を浮かべる(息子が辛い思いをしてきたことを良く知るが故でしょう)。しかも、昨年の甲子園では一死も取れぬまま降板という悔しい思いをしてきて、その借りをきっちり返しに来るというエピソード付。これで明日優勝でもしようものなら、ハンカチ王子以来の「完璧すぎる高校球児」だ。

第98回高校野球選手権、準々決勝、崩れる2016/08/19 12:09

八強激突を甲子園まで観に行ってきました。ど平日で近畿勢は登場しないのに、お客さん多かった。
試合は熱戦でしたが、私自身の消耗が激しい。思ったより早く終了したし、第三試合からは追加販売された内野席チケットを購入して一番暑い時間帯は日差しを避けたにもかかわらず。
いつもなら、ちょっと涼んで休憩したら元気になるのに(脂っこいアイスクリームよりさっぱりしたカキ氷にするべきだったかなあ)。これが熱中症というものか、単なる疲労による頭痛か、息も絶え絶え帰宅する。
そんな状態になっても、一つだけ良いことがあります。グランドで日を浴び続ける選手たちの、過酷な状況で戦うための頑張りを思わずにいられないから。こんなに厳しいんだから、暴投があってもお手玉しちゃっても、責められないんじゃないかって。

秀岳館4-1常総学院
秀岳館危ういなあ、本塁打二本で先制したものの連打は出ず、ミスが絡んで前半のうちに2-1と追い上げられて。
と、思っていたら、まさかの、常総の守備の乱れ。あんなにも堅実だったチームの、しかも主将が。九回は満塁までせめただけに、六回裏の2失点が重かった。

明徳義塾3-0鳴門
河野投手、苦しい。ボール先行、再三の四球、無死の走者を出し、バックもばたばたして。明徳がセオリー通りバントで送ったおかげでアウトカウント稼げた感じ。七回までで降板するまで10安打されながら3失点で踏ん張り(いつ一気に持って行かれるかと、ヒヤヒヤでしたんですが)、試合の形は作ったエース。
しかし、攻撃陣が、明徳の中野投手を打てない。三安打。代走が盗塁死。いいところが無いまま、四国対決のリベンジはならず。明徳はこれまで圧勝すぎて実力のほどがよく分からなかったんですが、やっぱり強かった。

北海7-3聖光学院
三回戦であれほど堅かった守備、無四球投球の投手が、グラグラに崩れて初回に被安打1で3失点、大丈夫か。しかし、二回表に、大西投手自らタイムリー。2-3と追い上げ、四回には4-3と逆転、五回には本塁打にスクイズで突き放す。
このところ甲子園常連の聖光学院は9安打するものの、終わってみれば初回の3得点のみ。
久々の活躍を見せてくれる北海は、初回以降は立ち直って危なげない。問題は残塁と送りバント失敗の多さか。

作新学院3-1木更津総合
全力校歌を一度生で聞きたいと思っていたのに、残念。噂の投手の150キロ越えを見られたので良しとするか。
関東対決、好投手対決ですが、抜群の安定感から、早川投手が負けるとは思っていませんでした。そうそう連打はされまい、ホームを踏むのは難しいだろう、と。
でも、本塁打は粘り様が無く連打も必要なくあっという間に点が入ってしまう。3点を、作新・今井投手から奪わなければならないのですが、終盤のチャンスに走者アウトが痛すぎ、最終回には150キロ代速球を連投され万事窮す。
無失策ゲーム。安打はともに6。四死球の数は1と4なのでやっぱり早川投手の方が安定感は上だと思えるのですが、それでも、チームを勝たせる投手が強い投手。

第98回高校野球選手権、11日目、投手起用2016/08/17 23:06

オリンピックが盛り上がるのは大変結構なことです。
ただ、一つ困るのが、熱闘甲子園の放送時間が大きくズレてしまう事。
明日は四時起き。


聖光学院5-2東邦
二回戦で「来年のアメトーク・ネタ決定」なミラクルサヨナラゲームを演じた東邦ですが、これまでの二戦は失点が多すぎて、勢いよりも不安の方が大きい。今日もまた、先発エースが打ちこまれる。被安打数の割には失点は少な目というべきか。
エースで四番で主将で甲子園経験も豊富な藤嶋くんは、打つ方ではいい活躍で主将としても劣勢のチームを盛り立てる様子が見られて好感が持てるのですが。

作新学院6-2花咲徳栄
投手一人で勝ち抜くのは難しいし危険でもある。でも、エースを温存して先発した他投手が打ちこまれてその失点を取り戻せない、というのが今大会ぽつぽつ見られます。横浜とか、履正社とか。花咲徳栄の高橋投手もまた、「エース温存が結果的に裏目に」パターン。
その一方で、今日の聖光学院はこの夏初登板投手が2失点完投したりするから、選手の調子、相手チームとの相性とか、投手起用は難しい。
対する作新学院の方は、150キロ越えエース・今井が2失点完投。難しくても、好投手相手のゲームで先取点を取られる危険を考えたら、エースは先発させたい。第一試合の藤嶋みたいに打たれても、エースが打たれたなら悔いはないっていうか、開き直れそうな気がします。

木更津総合2-0広島新庄
今年は好投手が多い、と言われながら、なんとなく打撃戦の方が印象強いのですが。
しかし、木更津総合は、緒戦も今日の試合も、見事な投手戦。早川投手は安定感抜群、二試合連続完封。安打が出てもけん制で刺したり、四球の走者も併殺に倒れたり、広島新庄にチャンスを与えません。
対する堀投手も素晴らしかったのですが、今日の早川投手相手では、初回のソロも、早川投手自身による追加点も、重すぎました。

北海4-1日南学園
三回戦最後のカードも、シビレル投手戦。序盤に1点ずつ取った後、0が続いていく。
エースで主将対決、なのですが、対照的。
北海の大西投手はスラッとしたイケメンで最速143キロを投げる。
日南の森山君は160センチと小柄でストレートは130に満たず低めにコントロールして打たせて取る。無死満塁の場面を内野ゴロで無失点に抑えた場面が最大の見せ場。打ちこまれても強気で踏ん張る、なかなか熱い主将さんで、しかし、八回裏にとうとうタイムリーと勝ち越され、本塁打で突き放される。悔し涙。
両チーム、四死球もミスもほとんど無く好プレーで投手を盛り立てる。無駄のないキビキビしたナイスゲームでした。