「あの女」2013/09/22 16:19

 舞台は大阪―三宮が中心で、時代は1994年から1995年初頭。
 当然、1・17に向けて物語は動いていくのですが、その辺は、ついでみたいな感じがしました。主人公のツキのなさをイメージさせるくらいの意味しかないっていうか。蛇足な感じすらしました。
 初版の発刊日からして、3・11の影響もあんまりないと思われます。
 メインは、今新しくオシャレに生まれ変わりつつある阿倍野・天王寺・新世界界隈。
 の、すぐ傍にある暗い闇、釜ヶ崎。
 社会派作家としての道を歩みつつある森絵都が、行き場の無い弱い者たちのギリギリの生き方を描く。
 この日本におけるスラム。住む家もなく凍死者が出るのが珍しくも無い影の世界について、良く調べて取材されたことと思います。とても興味深かったです。
 ただ、お話自体は、あんまり面白くない。
 まだ若いのになぜか釜ヶ崎で生活している男が、ある金持ちに依頼されて彼の妻を主人公とした小説を書くことになる。
 という発端もなんかしっくりこないし、そして「この女」が、私個人的に、あんまり好きになれませんでした。独特の存在感で、男たちを虜にし翻弄する。その自由奔放さ・価値観は、彼女の辿ってきた特異な人生によって築き上げられたモノだってことも、やがて分かってくるのですが。
 これに、財政界の裏側での策謀、なんかが絡んでくると、もう、リアリティがどこかに飛んでしまう。
 ハードボイルド路線では、この作家の良さは出ないのでしょう。あくまでも、一般小市民の目線によって、世界の光と影を描いていってほしかったです。

「風に舞い上がるビニールシート」2010/06/14 02:23

 森絵都の、直木賞受賞の短編集。
 ざっとあらすじを述べると、
「器を捜して」
<ヒロミはただその場その場の気分でものを言っているだけなのだ。そしてその背後には必ず男の影がある>
 そんな我儘パティシエに振り回され、イブのデートもフイにしてしまったヒロイン。
 しかし彼女は確固たる使命感を持って、ケーキを盛る最高の美濃焼を求めて…
「犬の散歩」
 平凡な専業主婦が、スナックのホステスに。
それは、捨て犬保護のための資金稼ぎだった。犬達の運命は過酷で、彼女達ボランティアの力は決して現実に対抗できるのもではないが、<疲労と隣り合わせの充実感>な日々は…
「守護神」
 生真面目で凝り性な社会人大学生。筋金入りの文学青年な彼は、しかし仕事に勉強に、圧倒的に時間が足りない。何としてでも四年で卒業したい彼は、二宮金次郎のストラップを持つ女、ニシナミユキにレポートの代筆を頼みに行くが…
「鐘の音」
 仏像命、な仏像修復師が、心酔する仏像を、自らの過ちで破損させてしまう。誇大妄想気味な自尊心は木っ端微塵にくだかれ、彼は仏の世界から離れてしまった。
 そして25年の月日が流れ、彼が得たものは…
「ジェネレーションX」
<今はせいぜいバントでつないでるくらいっすけどね、たいした仕事もしてないし。けど粘って粘ってつないでいけば、そのうち四番打者にもなれるかなって>
 そんな彼が、高校時代の仲間たちと交わした約束。十年に一度、みんなで野球をしよう。
 しかしその日、社長命令で仕事が入ってしまい…
「風に舞い上がるビニールシート」
 表題作が一番、複雑なはなし。ビニールシートの比喩は「DIVE!」でも使われていて、人の存在の不安定さを表す。
 国連難民高等弁務官として日々危険と隣り合わせで難民達のために働く男と、平和な日本でそれなりに充足した人生を歩んできた女。二人の価値観はかみ合うことなく、自然、離婚に向かう。
 数年後、男はアフガンで殉職して…

 各登場人物たちは、皆何かに心を捕らえられています。それゆえに、しんどい道を行き、割に合わないような苦労を背負うことになるのですが、しかしその中にこそ、彼ら彼女らにとってかけがえの無いものがある。
 どの話もおおむね読後感が良い。しかしなんかモヤモヤしてしまうのが「風に舞い上がるビニールシート」です。私が、人が死ぬのが苦手っていうのもありますが、扱う問題が非情に厳しい現実、世界の闇ですからねえ。
 人ではないですが、たくさん犬が死んでいく「犬の散歩」。その厳しさの部分は、作者のエッセイ集で語られています。
 かつて文学部に在籍していた身としては、尊敬の念を抱かずにいられない「守護神」。

 森絵都の作品はやっぱり良いです。

「つきのふね」2010/06/12 00:12

懐かしくってついつい、「DIVE!」を読み返したり。森絵都は、大人向けの話も好きですが、中高生向けのもいいです。
ストーリーの構成が上手くて飽きさせない、登場人物が個性的でそれぞれが光る設定やエピソードがキチンと用意されていて。
 そして、少年少女特有の純粋で、だからこそ不安定なところを丹念に拾ってくるのですねえ。


「そんなにあいまいに、人はおかしくなちゃうの?」
「平気でものを盗むってのも心の病気だ。あんたもあいまいにおかしいんだよ」
(中略)この世にはあいまいにおかしい人などいくらでもいるのかもしれない。

 本文に上記のようなことが書いてあったのですが、なるほど、この話に出てくる人たちはみんなどこか、正常でまっとうな道からふいに外れてしまって、うまく正しい軌道に戻ることができません。
 友達に対して痛恨の裏切り(と、当人は思っている)を犯してしまったさくら。彼女を救ってくれた智さんは、全人類を救う宇宙船の設計図を描き続ける病んだ人でした。
 でも、あいまいにおかしくなりそうな時に、助けになるのは、夢のように素晴らしい宇宙船じゃないのです。
「小さくてもとうといもの」
 ミルクコーヒーとか、他愛無いおしゃべりとか、お友達からの絵葉書とか。
 危うさも、そしてそれに呑み込まれない術も、本当に丹念に積み重ねていってくれた作品です。