雨の京都、Rapsodie espagnole2017/10/29 23:36

生憎なお天気の週末になってしまいましたが、二日続けて京都市内へお出かけです。

鴨川合流地点、下賀茂神社は初めて。南北に延びる糺の森は、紅葉でも美しいでしょうが、雨でもそれはそれで趣があります。瀬見の小川を渡り、河合社の、再現方丈も見ました。鴨長明さんの簡易住宅、こじんまりとした愛らしさがあります。
相生社、舞殿、みたらし池、花嫁行列。東西の本殿は国宝なんだそうですが、残念ながら賽銭箱とそのずっと奥にご神体があるんだろうなあってだけであんまりいいカンジには見えません。
それから下賀茂本通りを北上し、この日のメインイベントは、渦巻きスロープ・京都コンサートホール。大フィルの特別公演は、以前井上さんのラテンのノリが楽しかったので、今回のスペイン特集も聴きたくて。
●ラヴェル/スペイン狂詩曲
 ひそやかに忍び寄ってくる、ファンタジックな妖しさ。
●ロドリーゴ/アンダルシア協奏曲
 四本のギターとオーケストラ。ギターとトランペットの組み合わせがこんなに格好良いとは。
●ムソルグスキー(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」
 友達の展覧会の絵にイメージ曲をつけたムソルグスキーさん。いろんな人に編曲されているのは、それだけ魅力があるってことでしょう。大植さん指揮では何回か聞いたことがあるナンバーを、井上道義指揮で。井上さんの指揮は振りつけっていうか創作ダンスっていうか動きが面白いです。

あんまり長くないエキゾチックな曲を三つと、アンコールはハロウィンにちなんでハチャトゥリアン/仮面舞踏会。

クラリネット協奏曲と”Pastoral”2017/10/06 22:39

まだ新しい、豊中市立の文化芸術センター。名物のワニの全身化石(レプリカ)。
ホールも演奏も素敵だったのに、もったいなかったのが自分のコンディション。寒い。暑い日だったので上着を持ってくるのを忘れて、冷房に震えることに。

九月最終日の土曜日、電車を乗り継ぎ(宝塚線の手塚治虫ラッピング車輌!)「センチュリー豊中名曲シリーズ Vol.3」を聴きに行ってきました。
ウェーバー:「オベロン」序曲
モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調
ベートーヴェン:交響曲6番ヘ長調 「田園」

 晩年の(と言っても35才くらいか)モーツァルトが書いた、当時オーケストラでは新参楽器だったクラリネットの曲。クラリネットの魅力を存分に味わえます。
 延原さんのベートーヴェンは昨年の「運命」「皇帝」以来です。「田園」生演奏は、以前大フィルの南海コンサートで聞いたことがありましたが、こういう地方文化会館での公演に向いています。楽しいし、分かり易い(各楽章に作曲家本人によるタイトル付き)し、大規模な編成いらないし。
今度はもっと自分の状態を良くして聴きに行きたい。

第十二回大阪クラシック、雨の中2017/09/17 14:14

おニューの傘を差して中之島界隈を歩き回ることになった最終日。最終日のプログラム時間の限りめいっぱい回って7公演。終盤ちょっと、いやかなり疲れました。欲張らずに途中で休憩入れなきゃダメだなあ。
雨風で移動は大変でしたが、その分お客さん、ベビーカーの数は控えめ(こども向け公演もあったはずなんだけど…)だったと思います。

第70公演 11:30~ フェスティバルホールエントランスホワイエ
●ロッシーニ/チェロとコントラバスのための二重奏曲 ニ長調   他
音が似ているという。近藤さんのチェロと新さんのコンバス、同じ製作者の手によって今年制作されたのでした。そんなん偶然ちゃうでしょう、二人で相談して購入したのではないの?
そんな仲良しぶりを語ってくれたのに、なんと新さんは大フィル退団、大阪クラシックも今年が最後だなんて。大好きな楽しいデュオなのに……

第72公演 13:00~ なにわ橋駅アートエリアB1
シュトラウスとどちらにしようか迷ったけど、結果的にこちらにして良かった。やはり人数が割れたようで、楽に座れました。演奏は関西フィルで、
●シューベルト/弦楽三重奏曲 変ロ長調
演奏前に大植さんがシューベルトについて、早世したとか生粋のウィーンッ子だったとかベートーヴェンの葬列に感激していたとかいろいろ語っていたのですが、
●ドホナーニ/弦楽三重奏のためのセレナード ハ長調
メインはこの、ハンガリーの作曲家。全然知らない曲でしたが、素敵な曲。
アンコールに楽しいマーチが演奏され、楽しくも魅力的な演奏会でした。

第74公演 14:00~  京阪神御堂筋ビル
クラシックだけどタンゴ聴きに行くぞ!
こちらも弦楽三重奏ですが、チェロではなくコンバスで。最初に
●モーツァルト/ロンド 変ロ長調 K.269
●ハイドン/変奏曲 Hov.V
可愛らしい曲が二つあってから、
●ピアソラ/グラン・タンゴ
…少女から熟女へって感じ。艶と色気のある演奏。
自動ドアが開くたびに雨音がするのと、マイクがあっていないのかお話がよく聞こえないのが残念。

第77公演 15:30~ フェスティバルホールエントランスホワイエ
大急ぎでフェスティバルホールへ戻る。カーペットに直座りで。
●ウェーバー/ファゴット協奏曲 ヘ長調
久住さんのファゴットは昨年素晴らしかったので、今年も是非聞きたかった。あったかい音色です。

第78公演 16:30~  中之島ダイビル
この日二回目のチェロ・コントラバスのデュオ。低音パート好きです。大響からですが、こちらは本来この楽器用ではない曲で。
●モンティ/チャルダッシュ
ヴァイオリンの名曲をこの低音組で演奏したり。
●シュトラウス/ピチカート・ポルカ
トライアングル代わりに足でベルを鳴らすとか大谷さん器用です。
●ベートーヴェン/5番 ハ長調 「運命」
名曲はどんな編成でも短くまとめても格好良いというか。
●バリエール/二本のチェロのためのソナタ ト長調
この日二度目のバリエールさん。格好良いアレグロ。
●ルロイ・アンダーソン/ワルツィング・キャット
確かに、弦が猫の鳴き声に聞こえるアンコール曲。コンバスの大槻さんがわんと吠える。
二階通路からの立ち見鑑賞でしたが、30分まったく飽きない。
これで今年は大フィル・センチュリー・関フィル・大響・Shionと全部耳にした。こう言っちゃあれですが、中心になる大フィルよりもほか楽団の公演の方が観客に向けて趣向を凝らしプロフェッショナルなパフォーマンスを見せてくれるように思えます。

第80公演 18:00~  大阪市役所
毎度おなじみ、バッハ親子をフルート・ソロ。ギリギリ座席を確保。
●C.P.E.バッハ/ソナタ イ短調
●J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲 1番
前にも思いましたが、この超有チェロ曲、フルートでやると息継ぎが大変そうで。野津さん熱演なんですけど。
そしてアンコールで「アルルの女」

第80公演 19:15~ フェスティバルホール
半年ぶりに聴くオーケストラ演奏です。引っ越してから多忙→引きこもりの半年間だったからなあ。
●チャイコフスキー/交響曲5番 ホ長調
想像はしていたけど、重い曲!低音部大活躍。
実は私、この重苦しい曲の中でいったいどこでハープが入るのかとステージを見ていたのですが、結局この大きく美しい楽器は、アンコールの童謡と八木節のためだけに用意されていた!

そんなこんなで、今年も一週間の祭りが終わりました。ありがとうございました。大植さんも度々おっしゃっていましたが、ボランティアスタッフのみなさんもお疲れさまでした。

第十二回大阪クラシック、別世界へ2017/09/14 01:02

帰りに、特別企画のShion屋外演奏に足を止める。大阪クラシックの副題である「街にあふれる音楽」に最も的確な形。
高くそびえるオフィスビルに、川面を走る夜風、響き渡る金管五重奏の「ドラゴンクエスト」……いい意味で脱・現実感があります。

第39公演 14:30~  新ダイビル
半休取って駆け付けたのは、まだ新しいビルディング。ガラス張りの向こうは緑の木立、重厚な柱、流れる水と反射する光。あと青い空があれば完璧な、美しい舞台に。
フルート四重奏曲イ長調
と、ニ長調。
モーツァルトの四重奏は過去の大阪クラシックでも何度か聞いたことがあり、大いに期待して行きました。鉄板ってやつです。平日の昼間、座席無しの立ち見公演なのに、お客さんいっぱいさ。
野津さんのフルートを堪能。アンコールは「花は咲く」。

第44公演 17:30~  中之島ダイビル
シューマン/チェロ協奏曲イ短調  
チェロ四重奏に編曲されたもので、花崎さんがソロ・パート、他の三名がオケ・パートを演奏する形。熱演だったのですが、ちょうど仕事上がりの勤め人が退社していく時間帯でちょっとざわざわしちゃったのがもったいない。
アンコールは、織田さん希望のアイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」。

第46公演 18:30~  大同生命大阪本社ビル
横を通り過ぎることは何度もあるけど中に入ったのは初めてな、特徴的な建物。某朝ドラヒロインのモデルになった創業者を大いに押していました。
ハープとピアノの、母娘共演。
デュセック/ハープとピアノのための二重奏曲 ……明るく親しみやすい入りで。
一柳慧/夏の花 ……現代曲、難解。
C.サルツェード/ソナタ ……ハープのいろんな奏法・音色を。
見た目がゴージャスなせいもあるかもしれませんが、ハープの音色ってどこか神秘的な感じがします。特に今日の三曲目は、なんだか異世界へ誘われるかのような不思議な感じでした。

第十二回大阪クラシック、優雅な休日2017/09/13 00:13

 京阪で約一時間かけて終点・淀屋橋まで。引っ越してから遠くなった。でもやっぱり生演奏は癒されます。今年は前売り最終公演しか買わなかったけど、オープニングも買っときゃ良かったかなあ。
第2公演 12:30~  大阪市役所
ベートーヴェン/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第8番ト長調
ラヴェル/ツィガーヌ
赤のドレスと薄紫のドレス。華やかにスタートした初日。学生時代からのお友達なのだそうで、明るく楽しい演奏でした。アンコールはショスタコの小品。

第3公演 14:00~  日本生命本店東館1Fホール
モーツァルト/クラリネット五重奏曲イ長調
残念ながら、座席は確保できなかったのですが。
演奏後に、日本センチュリーでは月末にクラリネットコンチェルトもやるよ、と宣伝。豊中はこれまたちょっと遠いしモーツァルトは眠くなる可能性高いけど、延原さん指揮だし行ってみようかしら……と思わせる、端正で心地よい演奏でした。

第10公演 17:30~  ANAクラウンプラザホテル
ここは初めて行く会場でしたが、音が良く響くし、なんか優雅。演奏もその場にふさわしく。
メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲第1番
他の公演と迷ったけど、まずハズレないだろうと思ってこちらにしたのですが、「おダンディ」織田さんは、大阪クラシックで演奏されるのは今年がラストなのだとか。だったらもっとチェロメインの曲で来てもよさそうなのに、さり気ない通奏低音でいくのだなあ。

第12公演 19:00~  大阪市役所
せっかくだから今日はもう一つピアノとクラリネットを聴いて行こうかと、中之島から市役所まで戻ってきたのですが。
メシアン/世の終わりのための四重奏曲
……タイトル通りの暗い曲だ!聖書を題材に、というのもあれですが、第二次世界大戦中、捕虜収容所で制作・初演されたっていうのが説得力あります。しかし、これ聞いた他の捕虜のみなさんは、どういう気持ちになったんだろうか。
現代曲はやっぱり小難しいです。

電車ツナガリ、新世界より2017/03/05 23:33

偶然でしょうが、同日のNHKのクラシック番組でもジョン・ウィリアムズ。映画劇中音楽ながら、今や世界の名だたるオーケストラでも演奏される。

南海コンサートは、親しみやすい名曲に控えめなお値段、SAYAKAホールの近さから、ふらりと聴きに行きやすいです。
角田さんという、お若い指揮者さん。選曲もなんだか若々しい活力を感じます。曲の解説が簡潔で親切なのが嬉しい。
南海電鉄がらみで、
E・シュトラウス「テープは切られた」
……オーストリアの鉄道会社の記念イベント用に作曲されたという商品。軽快!
ジョン・ウィリアムズ「スター・ウォーズ」組曲
……なんでこれが鉄道がらみなのか分からなかったのですが、南海電鉄の誇るラピートが
スター・ウォーズのラッピングしていたのでした。メインテーマももちろん良いですが、「帝国のマーチ」の不敵な感じも好きです。
ドヴォルザーク「新世界より」
……こないだ串カツ食べたところ(本来は、渡米したドヴォルザークさんが故郷を思う曲ですが)。しかし新今宮駅の着メロは他の環状線の曲とは一線を画す格調の高さで笑えてきます(南海電鉄じゃない!?)。
管楽器の勇ましい響きが印象的(ホルン素敵!)な演目でしたが、アンコールは「ユーモレスク」(これも鉄道好きドヴォルザークさんが電車の中でメロディー思いついたとか)、流れるような弦のメロディーが美しい。

巨人2016/09/18 06:51

祭り、最終日

第70公演:大阪市役所正面玄関ホール
小さいお子さん用に靴脱いで座れる席を真ん前に用意。会場外に並ぶベビーカーの駐車。
人気の打楽器コンサート(私が大クラにハマったのもこれきっかけ)が最終日のトップ。
腹の底から響くように。グリーデイングス・トゥ・ハーマン
小石が転がるように。ノック・オン・ウッド
バチを使わず、掌と「ハッ」短い雄叫び。蛇のうた
マンドリンの神秘的な響きから、荒々しく。最後は観客も、井口さんのリズムに合わせて。リチュアル・ミュージック。
全部知らない曲ばっかりですが、たくさんの種類の打楽器と観客参加型。立ち見でしたがコレはそれでヨシです。全身でリズムを感じる方が楽しい。太鼓習う人が増えてるの分かります、絶対健康に良いよ。

第73公演:大阪シティ信用金庫本店ビル
弦楽のためのソナタ 第5番
初めていく会場(でっかい風景画が何枚も)ですが、演奏はおなじみロッシーニ・バンド。
ロッシーニの曲は華やかでノリが良くって。それぞれの楽器が楽しくおしゃべりしているようだって毎年思います。この四人が楽しいからこそ、かもです。今年は椅子に座れる大きい会場で、可愛らしい三瀬さん(お辞儀の仕方がお姫様系)のお姿が良く見える位置でなおさら楽しい。
弦楽のためのソナタ 第5番と、アンコールがハンガリー舞曲。

第77公演:フェスティバルホールエントランスホワイエ
モーツアルトとどっちにしようか迷ったのですが、やっぱりベートーベン好きなので。
七重奏曲 変ホ長調作品20
編成は「鱒」のときの弦四名と、クラリネット船隅さん、ファゴット日比野さん、ホルン蒲生さん。クラリネットが印象的。管楽器みっつ入るとやっぱり力強い。そして、熱演。それぞれの楽器に見せ場があって、楽しめました。

第80公演:大阪市役所正面玄関ホール
J.S.バッハ/パルティータ イ短調   無伴奏チェロ 第三番 ハ長調
ロッシーニやベートーベンに比べるとバッハさんは大人しくて地味なもんです。それでも、毎年会場が満杯になる野津さんのフルート・ソロ。美しい。傾聴。
アンコールも毎年おなじみアルルの女で練り歩き。

第81公演:フェスティバルホール
リハ直後の野津さんの演奏の充実っぷりから期待たっぷりだったのですが。
マーラー/交響曲第1番「巨人」
最高でした。もともと好きな曲なのもありますが。第一楽章終わった時点でもう大興奮で拍手したかった。演奏時間がとても短く感じました。元気の良いイメージのある曲だったのですが、なんだか繊細な演奏。ホルンの優しいこと。
大地と大空の間にある世界の、全ての生と死。……巨人。
アンコールで童謡歌うのは毎年のことで、いつもはこれが楽しいのですが、今年ばかりはマーラーの余韻のまま帰宅したかった!

マス2016/09/16 00:06

昨夜は、小雨のちらつく中、中央公会堂へシューベルトを聴きに行きました。
シューベルトの「鱒」っていうと、なぜか「はーるのっ、うらーらーのー、すーみーだーがーわー」が頭に浮かびます。「鱒」のメインテーマに乗せて「はーるっのっおっがっわーのー、すーみだーがーわー」って歌ってもまるで違和感ないものです。
演奏は、日曜に聴いたベートーベンのトリオに、コンバスの新さんとピアノの法貴さんで、ピアノ五重奏。
全5楽章ですが、正直、第4楽章のTema con variazioniだけでいいんじゃないか、というみもフタモない感想。有名なテーマをいろんなバージョンで繰り返すだけなんですが、やはり、良く知られたメロディーというのは相応の良さがあるもので。
嬉しかったのは、アンコールでその第4楽章を、ピアノ・大植英次で演奏してくれたこと。真面目なシューベルトが、なんかカワイイシューベルトに大変身!大植さんのピアノやっぱりええわー。譜めくり役にまわってしまった法貴さんはビンボクジかもですが。
大きなまんぞくです。

第11回大阪クラシック、一日目2016/09/12 00:48

今年の初日オマケ、去年と同様クリアファイル。残暑対策に配布の大阪クラシック団扇は、サイズが小型になってファイルにすっぽり入ります。

第1公演:中央公会堂大会議室
柱の陰になってステージ全体が見えない。でも距離は近いし大植さんのぐいぐい引っ張るような指揮っぷりは良く見えます。約50分、短くて馴染みある有名曲を数曲。
ヘンデル/「水上の音楽」より ア・ラ・ホーンパイプ
今年は水都大阪フェス連携プログラムになっているとかで、それでいつもよりちょっと時期が遅くてパンフレットの紙が変わったのか?オープニングは明るく楽しい水の曲。
間違いなくどこかで聞いたことのある可愛い曲だけど、今日初めてタイトルを知った、ボンキエルリ/歌劇「ジョコンダ」より 時の踊り
大阪クラシック頻出の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲や、アンコールの「ローエングリン」第三幕への前奏曲。CD持ってるけど、生演奏の方が断然楽しいんですよねえ。

第4公演:日本生命本店東館
開演前に、会場近くの適塾跡地や古めかしい木造幼稚園舎(重文)をちょっと眺める。オフィス街に時代劇が混じっている感じがステキ。
モーツァルト/ファゴット協奏曲 変ロ長調K.191
ファゴットメイン演奏ってそんなに聴く機会ないですが、これが、ホルンに深みと優しさを加えたような、大樹のごとき音色です。待ち時間にちょっとおはなしした奥さんも、前年の久住さんの演奏を聴いて今年もリピーターになったそうで、確かにこれはハマります。癒し系。
アンコールの、無伴奏チェロ・ファゴットバージョン。そしてビバルディの「冬」(「みんなのうた」で歌詞をつけたやつがお馴染みです)ですが、オリジナルのバイオリンでの主旋律より、ファゴットの方があたたかい暖炉のイメージに合っていると思いました。

第8公演:大阪市役所正面玄関ホール
CD欲しいと思うけど絶対生演奏の方がイイんだよなあ、skyです。自称「雑用係」の近藤さんのお話が楽しい。ピアノの永井さん作曲のオリジナル曲と、サプライズでヴァイオリン田野倉さん40才はっぴばーすでー。
美しい映画のサントラ集を聴いている感じで、今日は特に野津臣貴博さんのフルートがきらめいて聴こえました。

第11公演:本町ガーデンシティ
ベートーヴェン/弦楽三重奏のためのセレナーデニ長調 作品8
ちょっと、モーツァルトっぽい(私的イメージ)ベートーヴェン。
演奏はskyに引き続き、田野倉さんと近藤さん、そしてファゴットの時にも出演していたヴィオラの木下さん。見慣れない若い人がいると思ったら、やっぱり新加入のお人。そろいの黒ユニフォームのトリオ。
美しい演奏。でも、堅い床に座るのはやっぱりお尻痛い。立ち見の方がまだ楽だったかな。

ベートーベンを聴きに行こう!2016/07/23 17:09

どちらか一方を、と思っていたのですが、結局両方行ってしまいました。

一つ目は火曜日に、日本テレマン協会で、ピアノ協奏曲5番「皇帝」と、交響曲5番「運命」。アンコールはお馴染みの「トルコ行進曲」。どれも好きな曲です。
ベートーベンさん活躍期と同じ楽器を使う、古楽器演奏で、ピアノもチェンバロみたいな響きで、トランペットとかもピカピカしていなくて。それが、会場の中央公会堂のレトロ感にピッタリという。
テレマン協会の延原さんは大阪のおっちゃん、てな感じのオモロイ人です。大阪をウィーンしたいとか。(副首都にしよう、よりは具体的で面白いと思う)
大阪もトルコに攻め込まれたら(異文化吸収して)ウィーンになれるかな。

二つ目は、木曜日に、フェスティバルホールで大フィルの定期公演500回目に。踊るように降る井上道義さん。
ナポレオンに捧げるために作曲された、というエピソードが有名なベートーベンの3番「英雄」ですが、曲そのものは5番や6番や7番なんかに比べていまいち印象薄い。私の好みの問題もありますが、他にもっと英雄っぽい堂々たる交響曲ってたくさんあるし。
最初に演奏された「ミサ・タンゴ」の方が楽しかったです。作曲者のバカロフさんはアルゼンチン出身。神を称える教会音楽にラテンのノリを。バンドネオンが時に明るく、時に哀愁たっぷりに。

コンサートに行くといっぱいチラシを渡されるし、9月の大阪クラシックのパンフレットももらいました。また、行きたいなあ。