「Y」2016/03/20 15:30

佐藤正午作品は、「ジャンプ」以来。「なんか湿っぽい文体のサスペンス小説」「サスペンス風味の恋愛小説」って印象だったのですが、今回読んだのは「湿っぽい文体のサスペンス要素もあるSF」でした。
タイムスリップもの。タイトルは枝分かれした別の道を意味する。
偶然ですが「僕だけがいない街」の放送がちょうど佳境になってる頃に読んでいました。18年の時を越えるのは同じでも、29才から小5ではなく43才が25才に戻る話で、誘拐殺人じゃなく列車事故から女の子を救う目的なので犯人探しとかのスリルはありません。
……なんか、読みながらいちいち「僕だけが」と比べてしまう。時間さかのぼり現象を映画用語で「アイリスイン・アイリスアウト」と呼ぶのをついつい「再上映」と脳内訳してしまったり。
Yの分岐点からのビフォーとアフターがどうなっているのか、徐々に明かされていく構成。
ノリが湿っぽいのは、43才の男たちが現実に倦んで、くたびれているから。
主人公の一方は、1980年に事故にあった、確かに可哀想だけどロクに話したこともない女を救うために1998年での妻も子もおいて時間を飛ぶことを望む……これがまず共感しづらい。
もう一方の主人公は運命が変わったために余計な出会いが待ち受け、結婚に失敗してしまうという……
ビフォーとアフターの関連性を「縁」としているのもコジツケたみたいで、あんまりパッとしない。
比較対象が良すぎて、作品レベルに求めるものが不当に高くなってしまった気もします。

「ロードス島攻防記」2015/09/27 01:43

塩野七海の初期作品であるイスラムVSキリスト教世界三部作は、第一作目の「コンスタンティノーブルの陥落」がすごく好きで、他二冊は自分の中では少々落ちる。
それをまた読み返したそのわけは、篠原千絵の歴史ロマン漫画で、このスレイマン1世のロードス遠征を描いていたから。
漫画なので登場人物はたいそう美男子に書いてくれているし衣装とか建物とか調度品とか戦争シーンとか、ヴィジュアルで迫ってくれて面白いのですが、それ以外の情報密度が物足りないというか、わりとアッサリです。
逆に塩野七海の小説の方は、説明が長い。なかなか戦闘が始まらないし、特に登場人物に長々と説明的なセリフを喋らせて魅力半減させているのが残念。
しかし、改めて読み返すと、やはり面白い。漫画で足りなかった情報(戦術面とか補給とか歴史背景とか)を補足するには十分すぎるほど。
強大なオスマン帝国の若き皇帝と、それに抗う聖ヨハネ騎士団。獅子と蛇。新たな勢力が十字軍時代からの旧勢力を蹴散らすお話なのですが、両者ともに、持てる力を振り絞り、誇りを掛けた戦いで、勝者も敗者も称えた著者の筆が快い。
現在、この地上にオスマン帝国は無く、でも聖ヨハネ騎士団はいまだに存続しているっていうのが歴史の面白みですね。騎士団と言っても、今は戦闘集団としてではなく、医療集団として。宗教組織らしい奉仕活動を行う。苦難の歴史を歩みながらも絶えず存続するその力強さしぶとさに感動すら覚えてしまう。

「春の庭」2015/08/06 00:38

今年は時期が早まって。
明日にはもう、夏の甲子園大会が開幕します。


というのに、柴崎友香著・「春の庭」です。昨年下期の芥川賞作品。
テーマは明確すぎるほどはっきりしていて、人の生活する場所、土地、住居。それを通して人々の生きる様を映すっていうか。
登場人物たちも個性的で、主人公の太郎さんなんて、面倒くさがりな所に非常に親近感を覚えます。
それなのに、なんか、印象が薄い。繋がっているようないないような、取り留めもないエピソードに、眠たくなってきます。
言いたいことはなんとなく分かるのに話の焦点をどこに持って行けばよいのか分からない、奇妙な読書。
結論として。私には難しすぎる作品。

「夢の雫、黄金の鳥籠」2012/07/08 13:27

 学べ。
 学門と教養を身につけて自分と世の中を判断できる目を養え。

 時は16世紀。小さな村で育ち、広い世界を自由に飛んで行ける鳥に憧れる少女。そんなヒロインが、賊にさらわれて売り飛ばされ、しまいにはオスマン皇帝の後宮へ入ることになってしまう。
 篠原千絵のイスラム版・大奥漫画。前に書かれていた古代オリエント漫画と違ってファンタジー要素はないので、ヒロインが八面六臂な活躍をするってことはないです。
それどころか、陰謀渦巻く後宮からは逃げられない、籠の鳥状態。自分を教育してくれたオスマンの高官を慕うも、その男こそが自分を皇帝に献上した張本人なのだから、ツライ所です。
皇帝の寵を得て、少しずつ後宮内で力をつけていくものの、自分がどう生きていくべきか見えず、しばしば物憂げな表情を見せる。そこがなんか、リアルなんですね。
彼女の望む自由は、どこにあるのか。
ある登場人物が、良いことを言っています。
自由とは、心のありようだ、と。身を立てることが肝心なのだと。
ヒロインはどのようにして、自分の道を進むための力を得ていくのか……
ってあたりがテーマなんでしょうが。
それとは別に。すでに、大きな力を持った皇帝・スレイマンが欧州遠征を開始します。そのうちウイーン包囲とかもやってくれたら嬉しいなー。
まだ二十代半ばの若き皇帝が、さらに力をつけていく。
歴史が、動いていく。

「私の男」2011/11/11 02:36

つないでいるおとうさんの手が、あたたかかった。この火傷するような熱がないと、一時も生きられない。おとうさんでわたしのこころもからだもあふれて、腐り果てそうなぐらいいっぱいに満たされていた。

 桜庭一樹。アニメ好きな人には、「GOSICK」の原作者といった方がわかりやすいでしょう。
 しかしこの作品(直木賞受賞)は、あんな可愛らしいモノじゃなくて。
 表紙だけ見ればポルノっぽい(でも、かっこいい)ですが、中身はもう、欠落による執着をあそこまで描けば、ほとんどホラーです。幽霊に近い、とおもう。
 ヒロインの名前からして、「腐野 花」って。
 9歳のときに津波で家族を失った花が、雨の匂いのする男・淳悟の養女になってからの15年間を六章にわけて、一人称で語られるわけですが、時間軸は、2008年から1993年まで、過去にさかのぼる形で、二人の15年間が掘り下げられていきます。
 そんなわけで、花が淳悟の元からお嫁に行ってしまう第一章がクライマックスで、最もゾクゾクさせられます。冒頭数ページの淳悟の描写にやられます。最後まで読み終わってから即、初めから読み返すのが本書の正しい読み方でしょう。
 大人になった花が、養父との関係の暗さが嫌になってくる2003年あたりを、作者は描いてくれていないのですが、そういった空白すらも「読者の想像の余地」を提供されているような気がしてきます。小説的というより、抒情的です。
 常識的に見れば、娘を性的虐待していて、ネットリした背徳がたっぷりなんですが(たぶん、普通に年代順に物語を追っていけばかなり嫌悪感があると思う)、花も淳悟も、その思いが切実すぎて泣けてきます。
 欠落を埋めたくて、憎しみを持て余して、罪に怯えて、暗い海に惹かれて、互いだけを求め合う、あまりにも濃密すぎる、父と娘。

「ドン・キホーテ」2010/12/31 15:42

 結構前の話ですが、M1って今年で最後なんですってね。
 普段あんまりそういうの観ませんが、M1だけはTVの前で観戦します。
 ああいうの観てると、漫才のシナリオとか書いてみたくなりますね。

 世界一有名な漫才コンビ、ドン・キホーテとサンチョによって、文庫本六冊にわたって繰り広げられる長大な物語。
 スペイン文学の代表格でありながら今まで読んだことなかったのですが、なんか、なりきりナイトな老人を笑う気になれないんですよねえ。
通りすがりの人を敵とみなして突撃してはボコボコにやられて骨や歯を折る重症を負うのもかわいそうですが、かといってこのジイサンが勝利すれば、まるっきり追いはぎとか強盗とかになってしまってはた迷惑この上ない。
 騎士物語にハマリすぎた田舎の郷士が「自分は勇敢な騎士だ」と思い込んで(認知症?)、工作で冑を作り痩せ馬に「ロシナンテ」と名付け、妄想のお姫様に恋焦がれ、通りすがりの人にケンカを売ったり、羊の群れや風車に突撃したりするお話。
 騎士物語には詳しくないので、その辺のパロディ具合はよく分かりませんが、イタイ感じは想像できます。
 我が国でいえば、こんな感じでしょう。
 ロボットアニメにハマリすぎたオタクのおっさんが認知症になって「自分はニュータイプだ」と思い込み、仮面とマントでコスプレしママチャリに「ザク」と名付け、美人を見れば「アルテイシア」と呼びかけ、通りすがりの人を父親の仇と思ったり、某所の巨大ロボットモニュメントに突撃したりする……
 なんか、そういうの、誰か書いてそう。すべての状況をガンダムシリーズの場面になぞらえてアクションするオタクを描いた「ドン・ガンダムキホーテ」。

「悪霊の島」2010/08/31 22:20

 能代高校軟式野球部、全国制覇おめでとうございます。硬式の無念を軟式で晴らした秋田県。




 キングは面白いのですが、話が長いんですよねえ。
 話がなかなか前に進まない、ダラダラ長いけど何処が伏線になっているとも知れないので読み飛ばせないって辺りは京極堂シリーズに通じるものがあります。それに加えて、アメリカンジョークはよく分からん、という文化的問題もあります。
 さらにこの小説(原題「Duma Key」)は、事故で脳に損傷を負った五十代男性の一人称という、非常に共感しづらい思考回路(これがもう、事故シーンの恐怖、そして肉体的にも精神的にも苦痛に満ちて満ちて)に付き合っていかねばならないのです。
 しかしだからと言って読むのを止めてしまうのももったいない。そこを我慢して四分の一ほど読み進めると、もう止まらない。
 脳と腰を損傷し隻腕となった主人公が、療養にやってきたメキシコ湾の小島、デュマ・キー。そこで仲良くなったのが、脳に弾丸が埋まったままの男と、彼が世話をするアルツハイマーの老女。
 主人公は島の貸し別荘で絵を描き始めるのですが、失った右腕の痒みに急かされるように描きまくった絵は、不思議な力を持っていました。肉体の損傷と引き換えに得た魔法、超常的力。
 彼の絵は芸術的にも高い評価を得て、個展は大成功、離婚した奥さんとも仲直りして娘たちにも以前の仕事仲間たちにも祝福されて。
 そんな幸福の絶頂期から、急転直下。島の悪霊が本領発揮。仲良し三人組の一角が失われ、さらに悲劇は続き。
 そして新たに結成された仲良し三人組が、悪霊の親玉を封じるために島の廃屋へと向かう!
 読み終わってみれば、正統派冒険譚。ホラー映画とかにならないかなあ、これ。

「野ブタ。をプロデュース」2010/04/10 21:13

 TVドラマにもなった、白岩玄のデビュー作。アイデアが面白いですよね、いじめられっ子をクラスの人気者に仕立て上げるっていう。
 すぐに読み終わりそうだと思って図書館で借りたら、本当に早かった。読むのん遅い私でも二時間くらいで、ティーンズ小説かネット小説かと思うほど。いまどきの小説は普通に文章の中に(笑)なんて出てくるのですね。
 分かりやすいのですが、ボキャブラリーの貧困さが…まあ、高校生たちの会話の、その薄っぺらさがミソだったりしますが。
 この間観た映画「パレード」と同じ感じなんですね。近すぎず遠すぎず、なヌルくて居心地のいい人間関係を、器用に築き上げていく主人公。
でもそれじゃあ、退屈なんで、いじめられっ子のプロデュースを面白がって始めてしまうのです。その過程は、確かに小気味良いものがあるのですが。
 正直、頭が良くて何でも器用にこなして覚めた目で周りを見下してる主人公は、好きになれませんでした。言いたいことは良く理解できるんですけどね。私自身がそんな無難に調子よく立ち回ることのできない質なので。クラスの人気者だったはずが、一つの綻びでふわふわふと作り上げた地位が崩れていく様子も、なんだか不思議な感じでした。
 したたかで、脆弱。

「泣き虫弱虫 諸葛孔明」2010/03/19 23:58

 タイトルには偽りアリで、泣き虫弱虫って言うか、「変人」な孔明像。
 孔明に限らず、三国志そのものに対して、酒見賢一独特のゆるーい口語調でケチョンケチョンに解釈されています。でも曹操の評価は結構高いなー、さすがだよ。
「軍師なんてヒトデナシでないと務まらない」みたいなことが随所に述べられているので、熱心な三国志ファンは不快に感じるかもしれませんが、そうでもない普通の歴史好きならなかなか面白おかしゅう読めると思います。
 これ読んだ後「レッド・クリフ」観たら、きっと別の楽しさを味わえるはず。