「こころに剣士を」2017/01/24 09:58

The Fencer
強いて気になったところを上げるなら、「ラブシーンはもう少し削っても良かったなあ」。
中学生の見ている前で長々いちゃつく体育教師ってどうなのっていう、日本人的発想。
しかし、めっちゃこころに残る映画です。
ストーリーはシンプル。いわゆる「部活系」で、熱心な指導者、熱心な生徒たち、そして晴れの舞台で大活躍、というパターン。閉塞感漂う寂れた田舎町が舞台って意味では、「フラガール」に近い印象です。
ただ、閉塞感のレベルが違います。スターリン時代のソ連に支配されるエストニア。結構な人数の子供たちがあんまり笑わない厳しい先生の指導でフェンシングにハマるのは、単に田舎で娯楽が少ないってだけではありませんでした。
当局の顔色をうかがう大人たち、家族を強制連行される子供たち。そんな中で、「お前は、剣士だ」の一言が、少年を勇気づけるのです。
主人公の体育教師も元ナチス関係者(エストニアというのは、ナチス支配下にあったりソ連支配下にあったり、小国の悲劇の典型)で当局から隠れるために田舎にやってきて、ずっと暗い影をしょっていましたが、子供たちを指導するうちに、熱を帯びてくる。画面上には寂れた印象だったパーシバルという町の、美しい自然の姿も映されます。
最初に主人公を動かした少女・マルタが素晴らしかったです。とても可愛い娘さんですが、キャピキャピしたかわいらしさじゃなくて、強い意志・誇り・闘志を秘めた真っ直ぐな瞳。小柄な彼女が剣を手に、都会の学校の生徒に立ち向かう。

「この世界の片隅に」2016/12/04 23:03

間違いなくいい映画、それも「ものすごく良い」、と言えるのですが、でもどこがどうそこまで良いのか、説明しにくいです。
ストーリーは、女の子がお嫁に行く話で、性格キツメのお義姉さんがいたり幼馴染の男の子が絡んだりと、ちょっと「ごちそうさん」っぽい?
淡い色彩の絵が、とてつもなく優しい。その優しい絵に、爆弾やらキノコ雲やらが現れる悲しさ恐ろしさ。
ヒロインのすずさんは、表面的には、天然ドジッコ癒し系設定の女の子なんですが。
でも、そんな単純なところではおさまらない。明るく飄々と生活しているようでいて、実は頭に禿げ出来るようなストレス溜めていたり(結婚って大変だ)。
現実の厳しさの中で翻弄され、消耗して傷ついて、それでも精一杯生活して行こうとする人々の姿、その心の機微の描き方に説得力があって、大きく心揺さぶられます。

そして、観終わった後パンフレット購入時の、そのお値段の高さに別の意味で心揺さぶられました。これが現実感ってやつです。

「君の名は。」2016/10/23 01:06

公開前のTV放送「言の葉の庭」があまりにも美しい映画だったので、このイメージが崩れたら嫌だなあ、この作品観に行こうかどうしようか……
なんて思っていたら、ジブリアニメ並の大ヒット、話題騒然作品になって。
自分が十代の時に観に行けていたらなあ……。決して大人の鑑賞に堪えない、というわけではなくって、とっても魅力的なエンターテイメント作品なのですが。「時をかける少女」を見た時も同じように思ったのですが、あのひたむきな純粋さ、切なさ、青春って感じは、完全に少年少女たちの、どストライクでしょう。
リピーターが多いのも分かります、エンディング後にもう一度オープニングを見たくなる。
曲がバカ売れなのも分かります。映画の音楽っていうか、RADWIMPS音楽の長大なイメージ映像にすら思えてきます。
3.11や「シン・ゴジラ」と並べられるのも分かります。大きな被害に立ち向かう物語。
そのために、時をかけるファンタジーの力を借りるわけですが。構成(伏線)が周到なうえに昔々の神事の継承役を市原悦子に担わせるのだから、胡散臭さやご都合主義を感じず、やはりこれもなんか分かってしまう。
キャストでは、神木君はもともと実力派で名を馳せていましたが、もう一方、上白石さんが「舞妓はレディ」以来の主演で、どんと知名度を上げた(CDまで出した!)のは嬉しいです。
そして、それ以上に、一躍ビッグネームとなった監督・新海誠。こうした新しい波が起こるのも、わくわく感があります。

「消えた声が、その名を呼ぶ」2016/02/13 16:18

先月観た「海難1890」とセットで観ようと思っていた作品。「海難1890」がヒューマニズム映画なのに対し、同じトルコを舞台にしていながら、こちらは、大虐殺が行われます。
映画の前半がオスマン・トルコ内の少数民族ジェノサイド、後半が主人公の娘探しの旅、という構成ですが、虐殺シーンがひどすぎて娘探しの方の印象が薄まったかなあ。
100年前のこの蛮行についてはこの映画を知るまで全く無知でありましたが、パンフレットによると、アルメニア人側は150万人が犠牲になったと言い、そして現在のトルコ政府はせいぜい死者5万人くらいで戦争中の不幸な出来事、みたいな扱いで、両国の関係に暗い影を落としているという……なんかどっかで聞いたことあるような。負け戦で落ち目な政府ってのは常軌を逸した非道をやってしまうようです。
何でこんなことしたのか作品内では説明されませんが、イスラム教のトルコ帝国内で、キリスト教のアルメニア人が暴動起こすんじゃないかって思われていたようです。「死の行進」の意味もよく分からなかったのですが、その目的はなんと、「飢えと渇きと疲れで死ぬまで歩かせ続ける」だそうで、その結果の死屍累々シーンだったのでした。ガス室作っただけナチスが人道的だと錯覚するほどの非道で、なるほど、トルコのタブーだなあ。
私の勉強不足のせいもありますが、映画見ていて「なんで?」て思うことが多かったのがなあ(疑問点が多すぎてパンフレット買ったようなもの)……娘探しで北米の南の辺りにいたはずだったのに、何故か、いつの間にか雪国に……どうやら、アルメニア人というのはユダヤ人や華僑みたいにあちこちの国にコミュニティを作っているらしくって、娘の手掛かりを失ったナザレットさんは北米のアルメニア集落をかたっぱしから探し回ったみたいです。かたっぱしから、といえば、トルコ周辺の孤児院を訪ねまくったりもしましたが、「これって手紙で問い合わせても良かったんじゃあ(この時代の郵便事情はどうなんだろう)……」なんてことも思ってモヤモヤしたり。
ファティ・アキン監督による「愛・死・悪」三部作の「悪」テーマのお話で、民族浄化という大悪と、「羅生門」的な普通の人の悪(正義の心も無いわけじゃないけど自分の都合で悪事もやってしまう、という)。キリスト教徒だったナザレットは神に祈るのをやめ、他者をひどい目に合わせることもありました。
しかし、悪を描くには、その対となるものも描かれなければなりません。彼が生き延び、娘とめぐりあったのは、悪いこともやっちゃう人々の、良心や義侠心のおかげだったのでした。

「海難1890」2016/01/24 23:31

困っている人苦しい思いをしている人に対して、手を差し伸べるのが人の道。
一言で簡単に言ってのけられるほどテーマは単純で、ストーリーもけっこう宣伝されているので意外な展開なんてものは無い。
だから話の筋以外の要素でどれだけ観客をひっぱってこられるか、が(私的には)重要だったのですが。
タイトルにもあるトルコ船の難破シーンに力が入っていたのが良かったです。この怒涛のシーンがあったからこそ、その前、使命を果たしてようやく故国へ帰れる皆さんが家族への土産物を大切に見つめるシーンが生きてきますし、事故の悲惨な結果と和歌山の皆さんの献身的な救助活動も説得力が出てきたと思います。
時代が変わって、空爆予告されたテヘランの混乱した様子も、ドキュメント映画みたいで緊迫感がありました。そんな中で、日本人に飛行機を譲るトルコの皆さん……なんて良い人たちなのだろうって、素直に思いますよ。イスラム教徒の、持たない人たちに分け与える精神って貴いなあ。どこまでが映画的演出なのか分かりませんが、これは時代が新しい分その時の現場証人もまだまだ居る話なので、極端な改変はないかと思います。
ヒューマニズム映画らしい「感動の演出」が鼻についたら嫌だなあ、と思っていたのですが、そういうのが無いわけじゃないけど、それ以上に全体的に細かい部分を丁寧に積み重ねてあって、いい映画だったと思います。
ただ、最後。
しみじみしたエンディングテーマが流れ終わり、いきなり画面に現れた現職のトルコ大同僚!あまりにびっくりしたのでどんなメッセージだったんか全然頭に入らなかったのですが、この人は今はシリアに空爆したりクルド人ともめたりロシア人ともめたり国内のテロ対策でテンヤワンヤなハズ。
美しいヒューマニズム映画を見ていたのに、いきなり生臭くなったというか政治臭くなったというか。日本上映版でトルコ大統領が出てきたというコトは、トルコ上映版では日本の総理大臣のメッセージもあったんだろうか・・・なんて考えちゃうと、映画の余韻も何もあったもんじゃないです。

「恋人たち」2016/01/01 00:32

最近、日本映画が、あんまり面白くない。美術や映像にこだわりを持っていたり、演技派の役者さんを起用していたり。でもなんか脚本・演出が今一つってことが多くて。
橋口亮輔監督の「恋人たち」(こんなタイトルだけど、恋愛映画じゃないと思う)も、連続した一つの物語っていうより、エピソードとエピソードを継ぎはぎした感じ。
そもそも、三人の主人公たちの全く別々のお話を代わる代わる映していく構成なのだから、なおさら継ぎはぎ感があります。
それでも、この映画は、それでいいんじゃないか、という気がしてきます。キレイにまとまらない。主人公たちは、世の中の理不尽を前に不器用に生きているから。
不器用っていうのは、見ようによっては頭悪くて、イタイ生き様です。
奥さんを殺されて精神的に不安定な男。
プリンセスに憧れるパートのおばちゃん。
友達にあらぬ疑いを掛けられる、ゲイの弁護士。
彼らのイタイ感じと、彼らなりの切実さと、そして世界の滑稽さロクでもなさ。
そういったことを、否定も肯定も無くありのままに映し出す。
スッキリしない状況がずっと続く映画ですが、ラストシーンはとってもキッパリしていて私好み。

「顔のないヒトラーたち」2015/11/08 10:05

歴史認識、歴史修正、歴史、歴史……
「歴史」という単語がやたら胡散臭く耳につく戦後ななじゅうねん。
そうでなければ観に行かなかったかもしれない映画。
Im Labyrinth des Schweigens
沈黙の迷宮の中で。原題の良さをかき消す、昨今の邦題のセンスの無さ。
それはそうとして、映画は良作でした。ドイツ映画らしいというか、真面目で密度の濃い映画。たくさんの情報をエイヤっと詰め込んでいて、制作者の気遣い、意気込みを感じるし勉強にもなりますが、色々ありすぎてちょっと疲れてくるのが難点。
唯一、情緒を感じさせるのが、祈りをささげるために主人公たちがアウシュビッツを訪ねるシーン。静かな草原。彼らが裁判を起こさなければ、そのままずっと、ただの牧草地として人々の記憶の中から失われていたかもしれない場所。
たくさんの要素の中で、他に印象に残った点を挙げるならば。
今では世界の常識ってくらい有名なアウシュビッツも、戦後十数年の頃にはほとんどのドイツ人にとって「なにそれ?」てな単語だったというコト。調査を始めた主人公ですら、最初のうちは「施設で何か犯罪行為があったんだろう」くらいの認識で、徐々に、大量虐殺があったと分かってきて、顔色が変わっていく。
それから、膨大な資料。ドイツではなく、米軍が保管していた。記録の重要さを良く知る。それは米国の美点のひとつだと思います。……戦中戦後の日本の資料も、日本以上に抱えているのだろうなあ。
検察に逮捕される、元ナチス・アウシュビッツ関係者のみなさんが、いかにも「普通のおっちゃん」って感じだったこと。「顔のないヒトラー」じゃなくて、ひとりひとりにちゃんと顔と名前があって、それぞれの人生があったのになあ。
主人公の若い検事は架空の人物ですが、ジャーナリストと検事総長は実在の人をモデルにしているそうで、ドイツの戦後史を扱った映画と言えます。
ドイツ人自身の手で裁きを行ったことが、その後の国の方向性を決めたのかもしれません。
日本は、全部アメリカさんに預けちゃったけどね。

「駆け出し男と駆け込み女」2015/06/21 23:33

なんかもったいないなあ、という印象の映画。
江戸時代の離婚問題を題材にしたのは、流石の井上ひさしの目の付け所。
役者陣も、実力ある演技派揃えているんです。
主演の大泉洋は難しい江戸言葉(歌舞伎とかゆっくりもったいぶって喋るけど、昔の江戸っ子って凄い早口なんですね)の長台詞をとうとうと喋る。満島ひかりの艶のある格好良い女性像も良かった。しいて言うなら、戸田恵梨香がお肌キレイすぎ有能すぎたかなあ。
脇役も皆さんそろいもそろって達者で、中でも光っていたのが尼寺を仕切り役の方、エラい美人で且つ貫録ある。宝塚出身の人だ知って超納得。
美術もロケ地もイイ、最高、全てのシーンが美しい。
これだけ格好良い要素を取り揃えていながら、何故かあんまりパッとしない。
メイン三人のエピソードに絞って堀さげた方がよかったんじゃないかと思うのです。原田眞人監督作品は、「わが母の記」でも話を盛り込みすぎな気がしたんですが。
離婚したい女が寺に駆け込むだけでも、様々な事情や手続きがあるのですが。
それに加えて、水野忠邦の改革(1841)やら滝沢馬琴やら隠れキリシタンやら。特に、監督は馬琴が好きなんだなあ、って感じで。
時代を感じさせるためにほんのり。なんかじゃなくて、各要素がちゃんとバッチリ存在感がありました。いろんなエピソードを積み重ねて世界観を膨らませる手法の監督さんなんでしょうが、全体として雑多で長ったらしい気がします。
こだわりを持って制作されたからこそ、贅沢で感動的なカットが次々と生まれて。
しかしそのこだわりゆえに、あんまり一般受けしそうにないのがもったいない。

「風に立つライオン」2015/04/29 23:40

エボラ対策で、米国や中国や欧州諸国がのべ数百人から一千人ほども医療スタッフを現地派遣しているのに対し、日本からは十数人・・・・・・
この島国鎖国根性がある限り、日本は安全????
軍隊を外国に派遣する法づくりには熱心なのに。

そんなことを思いつつ観に行った映画は、恋人を日本に残してケニアで医療活動をする医師の物語。
しかしこれが、あんまり面白くない。
大丈夫とガンバレを繰り返す、美しいエピソードの連続が、いかにも型通りっていうか新鮮味がないのです。
大沢たかお演じる日本人医師が、何故外国の危険地帯でそんなに頑張るのか、何を考えているのか、ほとんど語られていない。
だから、立派な行為だとは思うけど、感情移入しにくい。

本編よりも、映画の元になったエンディング曲の方が感動的だと思いました。

「KANO―1931年海の向こうの甲子園―」2015/02/12 00:07

 今年の冬は野球モノの映画が三本も公開されていますが、そのうちの一本、台湾で大
ヒットした、嘉義農林学校の高校野球チームの物語。
 弱小野球部が熱心な指導者のもとで力をつけ、甲子園のヒーローに。出来すぎな話なんですが、事実なんだからしょうがない。事実なんだから、熱い。
 台湾統治時代を美化しすぎとの見方も、一理あるとは思います。ただ、台湾映画なのにほとんど字幕なしでみんな日本語でしゃべっていること、台湾人なのに「あきら先輩」と日本人みたいに呼ばれているのには考えさせられます。昔の日本人、無理を通してたんだなあ、と。
 日本人主導の治水工事も野球とは全然関係ないエピソードで蛇足とも思えますが、お話の盛り上がり、映像的には満々と流れる水路のシーンは美しかったです。
 結構長い映画の、最初の方は結構ダルかったのですが、本格的に野球シーンが始まってくると、もうそれだけで胸が熱くなります。一生懸命ひたむきで、泥臭くて。演技力より野球経験重視で集められた選手たちは、体育会系の素直で単純で明るくて感情的なノリが全く演技臭くない、素のまんまに見えました。野球の練習と演技の練習と、日本語の練習までこなした台湾の若者たち。
 永瀬正敏演じる近藤監督は今時珍しいくらい常に不機嫌そうな顔して厳しいことばっかり言っています。それでも冷たい感じは全然なくて、カノの選手たちとの絆が確かにあることをさりげなく感じさせるのも好感が持てました。
 日本人と漢人と台湾民族たちの混合チーム、泥にまみれた晴れ姿。