「ペンギン・ハイウェイ」2018/09/04 00:47

もう夏も終わりなんだけど夏映画。森見登美彦原作のSF(すこし、ふしぎ)アニメ。
主人公のアオヤマ君は怒らない。怒りそうになるとおっパイのことを考える。
一般的な小学生っぽいとは言えない彼は、大人にとっての(というか、おそらくは原作者にとっての)理想小学生。努力家で理屈っぽく、一日一日が立派な大人になることに繋がっていくことを意識していて、つまりは希望の未来を見据えている。とても多忙、と言うけどそれは塾とかお稽古事じゃなくて、自分の興味ある分野を研究・考察することに向けられる。
町に出現したペンギンとか、チェスの腕前を上げるとか、お姉さんのおっぱいとか、世界の果てとか。アオヤマ君はいろんな謎に関心を持つけど、ネットで物事を調べることが無い。デスクには紙の図鑑があり、現物に対し観察・実験を行い、手書きでノートにまとめる。そしてたいそう理知的なお父さん(この人もある意味理想的な父親像)とちょっぴり哲学的なお話をしてヒントを得る。
私から見れば、可愛くもあもり生意気でもあり頼もしくもあるアオヤマ君。同年代の小学生から見たら、どう思うのだろう。……原作小説は別に子供向けじゃないから、子供ウケする必要はないのかも。
ストーリーよりも、アオヤマ君の特異なキャラクターと彼の夏の日々に共感できるか否かが重要な気がしました。

「時をかける少女」2018/07/22 15:15

2006年、劇場で観た時は、未来設定や何でここで時間止まるのか、とか気になったけど(あと、ボールの投げ方下手すぎ)、今にして思えば、言うだけヤボだった。
タイムリープを繰り返して都合の悪かったことを修正して新しい未来につなげる。トム・クルーズ主演のSF映画でもそんなのあったけど、男友達が告ってくるのを避けるためにタイムリープするのって斬新。
タイムリープ理由のくだらなさとか、巻き戻してやり直しても上手くいかない感じとか、いちいち「ジャンプ・突撃・転がる」しなきゃならないとか、ヒロインの頭悪い設定を存分に活かす。そしてまさかのシリアス展開。
改めて観ると、シナリオ構成上手いなあ。と思ったら、これは細田監督の脚本じゃないのですね。納得。他の作品はファミリードラマの傾向が強いのに、「時かけ」だけはファンタジー要素のあるジュブナイルだから。
片思いでも両思いでも、なんか甘酸っぱくて恥ずかしい感じ。
春から夏休み前まで。短いけど、かけがえのない、時間。

「万引き家族」2018/07/15 18:07

Shoplifter
是枝監督の作品は何本か観たことあるけど、自分の中では、「誰も知らない」を越えるものが出ない。
タイトルで損しているというか、まるで万引きをメインにしているような印象。この言葉を拡大解釈するとすれば、彼らが万引きした最大の獲物は「心地よい裏街道人生」。
家族と言う群像劇ですが、いろんな要素を詰め込んでいて、でも一つ一つの要素はどこかで観たような聞いたような。年寄の年金頼みの貧困世帯とか、疑似家族とか、風俗嬢と客がちょっと純愛しているとか、虐待する肉親と普通ではないけど温かい庇護者。 
万引き家族たちは虐待された女の子に愛情を注いで救うのだけど、皆がもう一つの名を持ち後ろ暗く生きている中にいて、彼女にどんな未来があるだろうか。
その矛盾に気づいて、現状を打破したのが祥太くん11才。真の主演男優はリリー・フランキーじゃなくて城桧吏君だよなー。ここが、この作品中で最もドラマチックであり、同時に最もファンタジックと言うか。
周りの大人たちが当り前のように万引き生活していて、それで楽しくやれていたら、それを当り前に思う大人になっていってもおかしくない。駄菓子屋の親父にちょっと諭されたくらいでちゃんと考える、彼のマトモさは奇跡。 
祥太くんは、学校には行ってないけど本をよく読むという設定でした。
皆がもう一つの名を持ち後ろ暗く生きている中(インターネットとか?)だからといって、それを偽りと言い切れるだろうか、愛や真実はないのか。
最後に、祥太くんか、りんちゃんかが、「お父さん」「お母さん」と呼ぶのだろうと思って観ていた。
しかしそれはなかった。
母親になれなかった安藤サクラや父親になれなかったリリー・フランキーは色々しゃべるのに、無言でリアルを見つめる子供たち。そのまなざしが、是枝監督上手いなーと思わせる。

「パンク侍、斬られて候」2018/07/12 00:03

クドカン作品は、TVドラマは何本か観たことあったけど、劇場作品は初めてかもしれない。
主演・綾野剛。だけど、もうお猿さん主役でいいんじゃないだろうか。
お猿さんたちがカワイイお話。そして、なんか超越したお猿が語っていく(千里眼か何かを得ているらしく、人間心理も動機もイチイチ説明つけてくる)、デタラメな人間たちのお話。
治世を預かる者(殿様以下)が自分本位でおかしなことやっていると、領地全体がメチャメチャになるってことなのですが。
世の中キレイごとだけではないのは分かるけれど、あまりにもヒドイ有様に、サッパリ笑えない。どいつもこいつもバカばっかり。
時代劇の皮を被った現代風刺と見える部分もあるけど、……ナンセンスありえない系の落語をもっとグロテスクにしたようなイメージ。

「ハン・ソロ」2018/07/02 01:20

ハリソン・フォードじゃないソロなんて。
と思っていたけどつい金曜ロードショウを観てしまい、踊らされるまま、先週に引き続いて三条までGO!
結論を言うと、観に行って正解。スピン・オフとして申し分ないエピソード。脚本のカスダン親子のお父さんの方が、エピソード5と6でもお仕事していたのが大きいのでしょう、カユイところに手が届く感じっていうか。
どのシーンもいちいち格好良くて目が離せない。
迫力のアクションから目が離せない。
しかも。
ポンコツって言われる前の見た目も実力も備えたミレニアム・ファルコンから目が離せない。
暗黒の工業都市、戦争中の泥の惑星、雪の惑星での列車襲撃、資源惑星の鉱山、寂れた海辺……いろんな惑星での冒険、また冒険に目が離せない。
お馴染みのキャラクターも新規の方々も、ちゃんとキャラが立っていました。
年月が経ってもこのキャラは変わらない、チューイの魅力が光る。画面に出てくるだけで頼もしさとなごみの両方をもたらしてくれる、有能な相棒だ。

「ズートピア」2018/06/16 16:29

2016年のヒット映画、金曜ロードショウ。
都会版シルバニアファミリー?いえいえ、ディズニーの3Dアニメ、侮れないなあ。ただドタバタしているだけじゃなかった。高評価も納得。
かわいいウサギちゃんが、相棒のキツネといいコンビを見せてくれる、バディものの面白さもあるのだけど。
明確なテーマ。さまざまな種類の動物が共に暮らすズートピア。究極のバリアフリーに見えて、しかしそこは、必ずしも「平等・公平」とは言えない。ウサギは可愛らしく弱いモノ、キツネはずるがしこくて信用ならない。そんな「偏見」が、彼らの夢を阻む……
登場人物は動物でも、イメージはどっかの多民族国家。
そうやって決めつけられて自分自身を正当に見てもらえなかった経験のある人には、おおいに共感できることでしょう。ていうかそういう経験のある人がこの作品を作ったとしか思えない。「反ステレオタイプ」の設定が随所にあって。小さいのに「ビッグ」って呼ばれていたり、スピード狂のナマケモノとか。
そしてウサギちゃんは、困難があっても、夢を諦めない。知恵と勇気とガッツでウサギ初のポリスになって、事件に立ち向かう。
これを、応援せずにいられるだろうか。

君の名前で僕を呼んで2018/06/10 23:25

パンフレットが通常版の他に豪華版¥2200があって、どこが違うのか尋ねたら「写真が多い」とのこと。写真集かあ……美しい北イタリアの風景の中にある、イケメン映画。しかし、夏の休暇を、室内パン一で過ごすのは日本男児も西洋の美少年も変わらないらしい。(でも、パン一の美少年がエレガントに?ピアノ弾くってなんかスゴイ)
経済的にも文化的にもレベル高そうな環境で、エリオ君17才は気になる人がいる。最初はイケスカナイと思っていたのに、目が離せない。気の置けないガールフレンドもいるのに、本当に触れ合いたいと思っているのは、同居人のオリヴァー24才だった……
ひと夏の出会いと別れ、男同士版。
なのですが、筋書きそのものは王道っていうか普通っていうか。
イチャイチャと絆を深め、二人きりで旅行したりもするけど、やがて訪れる、夏の終わりと別れの時。……BLにも不倫小説にもありそうな感じです。
普通っぽくないのは、エリオ君の両親がもの凄く息子の同性愛まっしぐらに理解が深く、むしろ応援しているところ。時代が80年代なのに。
美しい風景、ピアノを基調とした美しい音楽、美しい男たち、夏の恋。あらゆる意味で理想郷な夏と、それが閉ざされる冬を描く映画でした。

「家族はつらいよ 2」2018/06/03 14:27

休日の昼間にダラッとTVで観るのにおあつらえ向きな映画。
カンヌでは特殊な家族関係を描いた作品がグランプリ取りましたが。
古典的な三世代同居家族を中心にした映画を面白く撮るって、山田監督は逆に新しいんじゃないかと思えてくる。
思った以上に面白かったです。前作もTV放送されているの観ましたが、それよりもパワーアップした印象。
中心にあるのはサザエさんやちびまる子ちゃん的な古風な大家族。しかし、年寄りの運転免許問題というテーマを設け、前作で熟年離婚を考えていたおばあちゃんは離婚はしないものの亭主をおいて友達とオーロラ観に行くってウキウキ。寝たきり老人を抱える家族、貧困老人の孤独な生活……
配置されているアレコレは、ちゃんと現代的。娘の習い事にどこまでお金かけようか(ピアノ)とか。シビアなテーマでも、コメディチックに、そして優しく描く。
山田洋次作品に特徴的なのが、寅さんの妹さくらさんとか、小さいおうちのお手伝いさんみたいな、可愛くて善良でしっかり者で理想的な女性像。このシリーズでは蒼井優が演じる一家の次男の嫁さん。こんなイイ娘いるもんかい、と思いながらも可愛いなあ、と癒される。

「孤狼の血」2018/05/21 00:02

米国では学校での発砲事件が今年に入ってもう22件も発生しているとか。
銃で撃たれるシーンはどんなに血が噴き出してもさほど恐ろしさを感じない。なのに、ユビツメはそれがはっきり画面に出なくてもとっても痛そうで怖いのはなぜだろう?
暴力にモノを言わせるのもヤクザ映画も趣味じゃないのに、何故これを観に行ったかと言えば、そんなバイオレンスな原作小説の作者が女性だということで興味を持って。
物語はテンポが良く、役者の皆さんもそれぞれ楽しげに熱演で面白かったです。
だけど、何かが足りない気もする。
昭和の終盤(天皇陛下病状ニュースとか流れてた)、ケータイも無くポケベルで連絡とか……。なぜ今、そんな時代のヤクザの抗争を描くのか。単なる懐古趣味以上の意味が見出せなかった……
昭和のヤクザもののイメージ、な始まりですが、実体は警察もの。役所広司演じる大上刑事は違法行為全開の不良警官で、しかしその行動は目的がはっきりしていて、やること滅茶苦茶だけど、結構理性的。
江口洋介演じる若頭はメッチャ格好良い。だけど惜しい、スマートすぎてこの人だけがなんか平成っぽい。
もう少し狂気が欲しい。そして主人公側の魅力だけじゃなくってヤクザ側の義理人情ももう少し出してほしかった。あれじゃ勢力争いとメンツばかりを気にする集団。せっかく大ボスが伊吹吾郎なのに、刑務所で大人しくしているばっかりでもったいない、凄みをきかせてほしかった。
なんか惜しいトコロばっかりな感じですが。
敵ボスの石橋蓮司がもう、ホンマにその筋の人にしか見えない。
数少ない女性キャラ、真木よう子の美しいこと。
可愛い豚ちゃん。
そして、もう一人の主人公である松坂桃李、真面目な新人刑事なんだけど空手の使い手でちゃんと強いのがツボ(ギャップ感大事)。そしてこういうキャラがうって変わって「仕掛け」ていく、そこをもっと押してほしいと思うのは、私が登場人物の「成長要素」が好きだからだろうなあ。

「娼年」2018/05/03 16:37

R18、観客の9割女性、尻・乳・太腿、パンフレット完売の文字。
これ、以前は舞台で上演されていたって凄いなあ。
何が面白くないのか、暗い目をした無気力大学生が、ある夜オバちゃんに誘われて娼夫になり、なんかイキイキしてくるお話。
あんなにいい娘が尽くしてくれてるのに、熟女好みとは……
人間の持つ原始的欲求のひとつ、性愛がテーマで濡れ場シーンだらけで、でも色気とかエロスとかはあんまりないです。都会の景色や音楽はオシャレですが、ゴム必至とか、生々しさを目指しています。
でも、私痛いシーンは苦手だあ。
松坂桃李くん演じるリョウ君は、人々が求める様々な形の性愛に対し、びっくりしながらも引いた様子はなく受け入れる。それでいて、お金を頂くためのビジネスに徹した態度でもなく、ちゃんと相手に敬意と慈しみを持って接する。
……こういう商売に需要があるっていうのは納得できる感じです。
それでも、主人公は最後には夜の世界からカタギに戻るのだろうと思っていたのに、まだまだ続けていくんだ。