「孤狼の血」2018/05/21 00:02

米国では学校での発砲事件が今年に入ってもう22件も発生しているとか。
銃で撃たれるシーンはどんなに血が噴き出してもさほど恐ろしさを感じない。なのに、ユビツメはそれがはっきり画面に出なくてもとっても痛そうで怖いのはなぜだろう?
暴力にモノを言わせるのもヤクザ映画も趣味じゃないのに、何故これを観に行ったかと言えば、そんなバイオレンスな原作小説の作者が女性だということで興味を持って。
物語はテンポが良く、役者の皆さんもそれぞれ楽しげに熱演で面白かったです。
だけど、何かが足りない気もする。
昭和の終盤(天皇陛下病状ニュースとか流れてた)、ケータイも無くポケベルで連絡とか……。なぜ今、そんな時代のヤクザの抗争を描くのか。単なる懐古趣味以上の意味が見出せなかった……
昭和のヤクザもののイメージ、な始まりですが、実体は警察もの。役所広司演じる大上刑事は違法行為全開の不良警官で、しかしその行動は目的がはっきりしていて、やること滅茶苦茶だけど、結構理性的。
江口洋介演じる若頭はメッチャ格好良い。だけど惜しい、スマートすぎてこの人だけがなんか平成っぽい。
もう少し狂気が欲しい。そして主人公側の魅力だけじゃなくってヤクザ側の義理人情ももう少し出してほしかった。あれじゃ勢力争いとメンツばかりを気にする集団。せっかく大ボスが伊吹吾郎なのに、刑務所で大人しくしているばっかりでもったいない、凄みをきかせてほしかった。
なんか惜しいトコロばっかりな感じですが。
敵ボスの石橋蓮司がもう、ホンマにその筋の人にしか見えない。
数少ない女性キャラ、真木よう子の美しいこと。
可愛い豚ちゃん。
そして、もう一人の主人公である松坂桃李、真面目な新人刑事なんだけど空手の使い手でちゃんと強いのがツボ(ギャップ感大事)。そしてこういうキャラがうって変わって「仕掛け」ていく、そこをもっと押してほしいと思うのは、私が登場人物の「成長要素」が好きだからだろうなあ。

「娼年」2018/05/03 16:37

R18、観客の9割女性、尻・乳・太腿、パンフレット完売の文字。
これ、以前は舞台で上演されていたって凄いなあ。
何が面白くないのか、暗い目をした無気力大学生が、ある夜オバちゃんに誘われて娼夫になり、なんかイキイキしてくるお話。
あんなにいい娘が尽くしてくれてるのに、熟女好みとは……
人間の持つ原始的欲求のひとつ、性愛がテーマで濡れ場シーンだらけで、でも色気とかエロスとかはあんまりないです。都会の景色や音楽はオシャレですが、ゴム必至とか、生々しさを目指しています。
でも、私痛いシーンは苦手だあ。
松坂桃李くん演じるリョウ君は、人々が求める様々な形の性愛に対し、びっくりしながらも引いた様子はなく受け入れる。それでいて、お金を頂くためのビジネスに徹した態度でもなく、ちゃんと相手に敬意と慈しみを持って接する。
……こういう商売に需要があるっていうのは納得できる感じです。
それでも、主人公は最後には夜の世界からカタギに戻るのだろうと思っていたのに、まだまだ続けていくんだ。

「ペンタンゴン・ペーパーズ 最高機密文書」2018/04/15 15:42

The Post
先月から次から次へと社会面に登場する「コンナン出ました~」というニュース、言うまでもなく例の朝日のスッパヌキ記事から生まれた現象で。
この時他の報道機関の立場から見れば「ぐあああああやられたああああ!!!!!!」って七転八倒もんで、この追い越されを挽回すべく超本気猛然と各方面に取材攻勢をかけそこへ情報リークする者も出て……
あまりに「それ、今更出てくんの!?」が続いてちょっと飽きがきてしまう(そんなこと言っちゃダメなんだけど)ようなところへ、さらに新聞モノ映画。
土地値引き権力者忖度とベトナム戦争とではスケールが違いますが、上記のようなことを思いつつ鑑賞すると味わい深い。
最初の方は、あんまり面白くないのです。文書コピー取るシーンなんて映像としては地味なもんですし、背広のオッチャン方が大勢画面に出てくるけどイマイチ人間関係つかめない、株式公開の会議も小難しい、そしてヒロインである社主(メリル・ストリープ)、彼女の立場の弱さ押しの弱さ自信の無さが、なんか全体の地味さを表わしているような。
それが、しまいにはただ新聞記事が活字になって印刷されているだけのシーンにとても感動的を覚えるようになってしまうのだから。
スピルバーグの社会派映画をちゃんと見るのは初めてかも。エンタメでなくても、やっぱり面白いなあ。
権力者の圧力を前にして、会社を守るために引くか、会社の使命を守るために進むか。
割と良くあるテーマではありますが、王道ってのは偉大です。
ジャーナリズムの物語(主にトム・ハンクスが担う)であると同時に、女性の物語でもある。
家族経営の新聞社で前社長の妻という立場でお飾りのトップ、みたいな扱われ方だったケイさん。経験も浅く性格的にも「向いていない」と言いながら、それでも真面目に目の前の問題に向き合ってきたのでした。
経済状況が悪い中で政権を敵に回すリスク。個人的にも親しくしていた政府要人(お友達ってやつです)の敵にまわってしまう。
その中で、静かに、穏やかに、決断を下す。
でも、一番感動的だったのは、政府vs新聞社の判決でした。
これが日本だったら、判事はここまでジャーナリズムを称える言葉を述べるでしょうか…

「火垂るの墓」2018/04/14 00:54

金曜の晩から、ずーーーんと気分が重くなる金曜ロードショウ。
アンデルセン賞受賞で魔女宅が放送されるかと思っていたら、突然の訃報。
で、何年振りかで観ていたのですが、案外中身覚えているものです。ストーリー自体はシンプルだからか、作品の力ゆえか。
せっちゃんの可愛さに騙されそうですが、結構キツイ。冒頭から死んでる主人公、母親の無残な姿、ころりと死ぬ蛍、幼子の衰弱していく様。
子供向けアニメでシビアで悲しい結末って「フランダースの犬」が有名ですが、しかし、ノリと笑い重視な最近は、そういうのあるのかなあ。「コナン」や「ワンピース」にも可哀想エピソードはあるものの最後は明るく締めるから。
はたから見れば確かに幼児と遊んでる日常なセイタ君。居候暮らしの肩身の狭さを耐えることのできなかったお兄ちゃん。
妹を大切に思っていたことは確かだけど。
それに逃避した面もあるのだろうなあ。
彼だって辛かった、大切な妹と美しい思い出にすがらざるを得なかった……

「言の葉の庭」2018/03/21 12:34

なかもずにいた頃飲みに行っていたお店のお姉さんは、「君の名は。」より断然こちらの方が好みだと言っていた。完全に中高生ターゲットの作品か、もう少し大人向きか、の違いはあると思います。
再視聴。「君の名は。」公開前にもTV放映されていたのを見て大いにビックリ+感動したけど、今度は新海誠展に合わせての放送だ。
少年と、女性。鬱屈を抱えた二人が、雨の日に安らぎの時間を共に過ごす。
万葉集の恋歌が美しい。
アニメーションが美しい。公園の緑が、飛ぶ鳥視線の都会の景色が、足が、降る雨の粒が。溢れる感情が。
なんてことない、普通にそこにあるものを美しく描き出す。絵だからこそ写真以上に思い切って美化できるのかもしれない。
音楽もいい。
辛いこともあるけれど、優しい気持ちになれる。

「THE SHAPE OF WATER」2018/03/16 00:15

“まとも”って、なんなのか。
ヴェネチア国際に続いて、米アカデミー賞も。たとえば「E.T」とか、「アバター」とか。どんなに高評価でも異形系はアカデミー賞取りにくいって話だったのですが、それを覆して。
美女ではなく声も出せない中年清掃婦、でも生々しく「女」であるヒロインと、半魚人のロマンス。「反・美女と野獣」の視点としては大成功。半魚人のグロテスクで獰猛な面と美しく神聖さを感じさせるデザインも秀逸だと思いました。言葉もなく名も知らずただただお互いだけを求める二人。
周到に計算された、間違いなく良い作品。
と、思う一方で、なんか、釈然としない、何故だろう?
差別や偏見や血みどろグロテスクはリアルなのに、話の展開はご都合主義的(ラブストーリーはお互いのすれ違いが無いと盛り上がらない)で結末は後味悪く思えたからか。
日本にある異種婚姻譚って、鶴にしろ龍にしろ狐にしろ、たいてい人の形を取っているイメージ。そしてみんな美形。その辺まで含めてファンタジーだと思う。「八犬伝」は人間に化けたりしませんが、だからといって交尾するシーンとかは無い(たぶん)。
それを、この映画は映像化してしまう。グロイと思うか美しいと思うか。そういえば「魔法使いの嫁」も骨男への輿入れ(こちらは美少女だけど)だ、異種婚姻譚ブームなのかな。
イライザさんは美人ではないなりにチャーミングさも持っていましたが、半魚人と近づいていくにつれ、なんかエキセントリックなパワーが出てきます。
他の登場人物は、ゲイの老絵描きさんも、ロシアのスパイ学者さんも、話好き世話焼き黒人女性も、米国的マッチョリズムの嫌な男も、それぞれの立場・性質からその言動はおおむね理解できて、言い換えればそれはある種の類型ってこと。
でもイライザさんだけは異色。でもそう感じるのは私だけで、異種婚姻譚ブームだし、異形ロマンスありですっていう人は案外多いものなんだろうか。

第41回日本アカデミー賞2018/03/02 23:12

昨年は、あんまり映画観られなかったけど。

目の保養!優秀男優賞5名様の、平均年齢が若いのにビックリです。できれば、オッサン枠で(!?)野村萬斎さん入れて欲しかったなあ。「花戦さ」は最優秀美術で、まあ予想通りっていうか。
佐藤健君が初受賞って意外なんですけど。
そして、優秀男優賞の五人の中に、仮面ライダーが二人も!
当時から素晴らしかったけど、あの可愛らしかったフィリップ君が。…「あゝ荒野」はあまりに長いんで観に行きにくかったのです。最優秀賞おめでとうございます。
是枝監督が優遇されすぎな気はしましたが。
例年に比べれば、ストーリーのネタバレ少なめなのは良かったなあ。役者・スタッフさんたちのお話の方が聞きたいからね。劇場公開が終わったからこそ言えるようなのを。

「嘘八百」2018/01/19 23:53

堺が舞台の、ご当地映画だから。この映画を観に行った理由の第一がそれです。撮影地・堺(ものすごく局地的ピンポイントだったけど)の映画として、以前観に行った「セトウツミ」が大満足のできだったのでこれも期待していたのですが。
中井貴一主演のコメディ映画って、あんまり当たらないなあ。
最初に気になってしまったのが、「あんな狭い道に駐車したら迷惑やん!」……嘘がテーマの作品ですが、全体的に「嘘くささ」の方が出てしまう。演出のセンスがイマイチ。
骨董品の世界を扱うのですが、「ギャラリーフェイク」ほどの洗練も無く。
登場人物の掛け合いとかは面白かったのに。最初の方は騙し、騙されるテンポも良かったのだけど。
骨董品の鑑定もそうですが、占いとかジオラマとか、実のあるような無いような、虚のイメージが盛り込まれています。そして、海とカモメに象徴される、自由。
嘘に踊らされ、騙したり騙されたりすることも含めて、楽しんでいこうとするスタンスです。

「女の一生」2018/01/13 16:07

新年一発目の映画は、暗いウツ作品。モーパッサンの原作は読んだことは無いけど有名なので、暗い話なのは承知の上です。
貴族の御嬢さんが結婚した相手は、一見爽やかな好青年。暖炉の薪すらケチる、それでいて馬車に紋章描くのに拘ったり。そして浮気者。よりによってヒロインの心許した相手と不倫しちゃう下衆野郎。
さらに悲惨なのが、一人息子が父親に似て女にだらしが無く、さらに山っ気ばかりのボンクラであること。一旗揚げると家出し、事業が失敗したと言っては「ママ、お願い」と借金の肩代わりをさせる。
幸せそうに農園で作業する娘時代。
亭主と仲睦まじくデート。
息子と楽しげに戯れる様子。
温かく幸せそうな回想シーンが度々挿入されることで増々辛い。
いくつもあった農園も屋敷も失い、「ママは無一文になりました」……
ヒロインの、なにもかも他人に言われるがままに従ってしまう、己で決定できない意志の無さが気になりました。
亭主がボンクラなのはしょうもないのに引っかかってしまって可哀想なんですが、息子については子供のころからワガママちゃんだったのですから、もっとびしっと躾けてやっていたら違った成長をしていたかもしれないのに。
あんなんでも、我が息子は可愛いのか……
ラストほんのり光が見えるような描き方をしていましたが、とてもそんな風には思えない、女の一生台無しストーリー。

「雲のむこう、約束の場所」2018/01/03 23:52

日本は南北分断され、北海道を支配するユニオン(ソ連的な国家)と戦争間近、というSF設定。今の朝鮮半島を思い浮かべてちょっとヤな気分にもなりますが、しかしその分、色々リアルに感じることができます。
核ではなく、別次元の空間(宇宙の夢?)を持ってくるという謎のテクノロジーを研究していて、そのあたりの理論はサッパリなのですが、しかしお話の流れとしては、過不足なくって、とても完成度の高い脚本だと思いました。
前夜放送の「秒速5センチメートル」では<手に届かないどこか遠くにあるものを思う>という状況に酔ってるばかりでそれ以上前進できない感じだったのですが、「雲のむこう、約束の場所」では、壁を突破します。
主人公の少年に、頼りになるお友達がいたのが大きいですね。
少年時代の憧れ、恋愛、友情、ファンタジー、社会不安、武装地下組織に空中戦まで、盛りだくさんを美しい映像で描かれて、大満足でした。