本気で至れり尽くせり2018/08/05 01:00

在日ウズベキスタン人有志団体の皆さん、何人かがかぶっていた可愛いお帽子。民族衣装か宗教的シンボルかなあ?

災害ボランティア初挑戦!実働時間が短くって役に立った感薄い。
受付待ちが長いのは多人数をさばくためか。休憩を多めに、早々に作業切り上げて撤収するのは、熱中症対策。移動バスの稼働に限りがある関係もあるかも知れない。
しかし自分の作業は風通しのよい室内のお掃除だった(土足で上がるしかなかったのを、横になってお昼寝できるくらいにはなった)から、たびたび休憩とるほどでは。暑さ対策重要というのでたくさん保冷剤と飲み物持って行ったけど、大荷物持っての徒歩移動が一番暑かった。
驚きだったのは、ボランティアセンターの充実ぶり。
JR東日本の野球応援グッズ(紙扇子とタオル)の配布から始まって。
熱中症対策の塩サプリもたっぷり持たせてくれて、防塵マスクもゴーグルももらった(使わなかったけど)。長靴も軍手もあった(これは持参した、使わなかったけど)。いずれも支援物資。必要なモノでセンターに無かったのは替えの靴下(持参した)くらいか。
作業後には、感染症対策の消毒。シャワー室は使わなかったけど、汗かいたシャツを着替える更衣室はありがたかった。それからカキ氷やらスイカやら振る舞ってくれて、なにやらお土産も持たせようとする(観光PRのためもあるだろうけど)。
何の祭りだ、これ。
中央ボランティアセンターから各サテライトへ割り振る一括管理(その組織力故に効率アップと硬直の両面があるのだろうけど)は、自家用車を持たないボランティア初心者にも参加しやすかったし、事前に参加表明するアプリまでできたという。
いろんな意味で、倉敷市の本気を感じた。
被災地にはあらゆるものが集まって、ただ、将来の展望だけがない。
本日の私のボランティア成果。避難所では寝付けないという婆さんに風通しのよい昼寝場所を用意し、他愛ないお喋りしていたこと。

横山大観展2018/07/02 01:02

京都国立近代美術館へ。生誕150年、夏目漱石と一歳違いなんですね。
時代の転換期を生きてきた影響か、バリエーション豊富な日本画家。ミュージアムショップで絵葉書購入しましたが、一つはハレー彗星(日本画の題材としては珍しいと思う)。もう一つは屏風絵の紅葉で、真っ赤ではなく色むらのある葉っぱが逆に華やかさを演出していた作品。
風景や植物はわりと写実的なのに、人物や動物がなんかカワイイっていうか、くしゃっとデフォルメされている。変な形(ヘタウマ?)してるんだけど、表情豊か。
あと、黒と白の強烈な対比が印象的でした。

アジサイとフクロウ2018/06/10 23:27

こんなお天気なので、お洗濯はサボり。
そのかわり、雨でも風情のある、アジサイ見物に出かけました。お近くの山の中の三室戸寺。昨年の黄金週間にはツツジを観に行った。あの時は斜面の赤を見上げてからツツジ小道を歩き回り、今回は谷を見下ろしてからアジサイ小道。
株数ではツツジの方が多いですが、同じような赤ばっかりと違って、色も形も様々なアジサイは飽きが来なくてよろし。
蓮の時期にはもうちょっと、ですが、気の早いのがふたつ、ほんのり花開いて。葉が風に揺れると輝く雨水がつるるんと滑る。
そう、ここはカメラを手にした観光客を呼び込む「花のお寺」アミューズメント。ご自由に鐘をついて良い(無料)ことになっていて、途切れることなくごんごんと鳴り続ける。
そして、本日のメインイベントは、今年の四月にオープンしたカフェ・レストラン、「ハルココ」。気になってはいたものの山まで行くのはちょっと面倒で、でもこのくらい涼しい日なら。
想像してみよう。普通の住宅地に、本格的なログハウスが一軒紛れ込んでいるチグハグ感を。明るく開放的なオープンテラス(犬同伴OK)、しかし景色はあんまりよろしくない。眼下に絵具工場と、貝殻の山がそこかしこに白くある風景は別の意味で非現実感だと思いながら無難にカレーを頂く。
気になっていたのは、このお店、二羽のフクロウちゃんがいるということ。カワイイ。残念ながら、フクロウカフェではないので間近に接することはできない(びっくりしちゃうそうな)。
食後のコーヒーを飲みながらゆっくり文庫本読めるのはイイなあ。日曜の観光シーズンの昼時に、店内閑散として。

京都水族館2018/04/22 15:15

さんさんと日の差す公園と、断絶させず続き感がある建物。
京都水族館は、噂に違わぬ楽しいトコロでした。
オオサンショウウオの赤子のような手、水面に出して息するオットセイの鼻、イルカの優美なジャンプ、幻想的なクラゲ、ケンカするチンアナゴ、鰯の群舞の華麗なこと。
そして、ガラス越しではありながら、ペンギンがすぐ目の前に。泳ぎ、歩き、寝そべる姿を存分に堪能できます。
見せ方が、上手いなあ。
生き物たちの魅力をめいっぱい伝えようとする姿勢。好物とか性格とかも紹介されて、説明も分かり易い。

京都アートフリーマーケット2018春2018/03/18 12:41

早春の京都市内。
鴨川の流れ、早咲きの桜の下で、記念写真の袴レディ達。
三条通は京都文化博物館を始めとして、レトロな建物を見ているだけで楽しい。ふらふらあちこちの店を見て回る自分は、いつ車に轢かれてもおかしくない。
そこへ、賑やかな手作り市。
京都市内はこの手のマーケットがしょっちゅうあって楽しそう。先月の弘法市で買ったビアスをしていたら、「あ!」同じ店が!向こうも気付いたよ!
革製品銀製品金工木工陶器布樹脂。アクセサリーが多い、他に鞄とか食器とか衣類とか。
このフリマを始めとして、買い物しまくる。今現在飲んでいるのも紅茶セレクトショップで買ったキャラメルチャイ。
そうした勢い買いのいくつかは、後になってから「やっぱこれ、使いにくいわ」ってなる可能性も小さくないけど。
夜には先斗町で軽く一杯。この細い通りも、レトロでいいです。昼と違って冷えてきて、カウンターで熱燗とおでんを注文。おでんメニューに「鴨と九条ネギ」があるのが京都っぽい。ネギ、メッチャ甘い。上品なお出汁にピッタリ。
飲み屋で名刺をもらうのはよくあるけど、シールもらうのは初めて。確かに、目立つところに貼ってもらった方が宣伝になるわ。

東寺再び2018/02/22 00:36

弘法茶、というのは眉唾だと思ったけど(こういうのはちゃんとした資料に基づいているのか「安倍晋三記念小学校」と同種のものなのか判別が…)、眼精疲労に効くというのは魅力で、和風ハーブと称する見た目枯草みたいなお茶を購入。
夕飯後のデザートに、この浜茶と、干し柿。

2月、しかも曇りがちな日でしたが、紅白黄の梅は可愛らしく。
昨年12月に行ったばかりで、どうせ再訪するならもっと気候の良い時期を選びたいところですが、「京の冬の旅」企画はシーズン・オフに平素非公開なモノを披露して集客を図るもの。
大河ドラマにちなんで、西郷が鳥羽伏見戦争の時に上ったという(役得だなあ!)五重塔の内部公開!!中に入れるのかと思ってタイツの上に厚手の靴下履いてきたのに、四方の扉から見る形で。
講堂と同様、ここも立体曼荼羅。再々々建された、江戸時代の五重塔。壁天井柱の彩色はだいぶ褪せている。何とかして復元してもらえないかな。
そして、わざわざ今日有給取ったのは、21日はお大師さんの月命日を口実に市が立つから。
これが、楽しい。可愛い(けどお高い)お茶碗、手作り鞄、手染めの洋服、奈良の靴下屋さん、骨董品、アクセサリー、食べ物屋さん……
いろんなお店をヒヤカシて、ウキウキだ。

東寺へ2017/12/17 07:03

この時期にこういう所へ行くと、必ず注文してしまう善哉。若い衆のように抹茶ソフトなんかオーダーできません。暖と糖を補給。

法大師さんゆかりの東寺へ。正式名称・教王護国寺ってなんか偉そう。
先月散々国宝仏像見たのにまたかいって感じですが。
最初に食堂で朱印記載してもらって版画展を見て回って。
どっしりした薬師如来さんに、その下の十二神将さんたちの、今にも動き出しそうな躍動感。静と動。
ずらり並んだ立体曼荼羅、彼らを見ていると深夜に密やかに会議など行っているような気になってきます。「今日はかわいい娘が来てたね」「あの不倫旅行の二人には仏罰当てとこうか?」……なんて。漫画の「とめはね!」でもあったけど、端正なお顔の帝釈天さんが象に座ってポーズ決めているのはなんか笑えます。
宮本武蔵作の襖絵はなんだか薄汚れていて鷲が飛んでいるの、分かりにくいです。
五重塔は近くで見ると巨大で貫録あります。これは内部も見てみたいなあ。

松林図屏風、近く遠く2017/11/11 01:18

京都国立博物館、混んでいる時は地階のトイレが空いています。ベンチで休憩もできる。

チケットが一枚余ったので、「国宝展」第三期も行ってきました。四期の杜若図屏風と迷ったのですが、等伯の松林図屏風にしました。
前回は雨やら大混雑やらでしたので、今度は金曜日に半休取って、夕方から行きました。
まずはお庭の散策から。勇壮な建築、台座の上の考える人、吹き上がる噴水、色づき始めた木々、平安時代の石仏が佇み、マスコットキャラが愛想を振りまく……晴天だと、敷地内でのんびりするだけでも癒される感じです。
そうやってグズグズしていると、やっぱり混んできました。
前回見たものはさっと通り過ぎるだけ。金印の列には並びませんでしたが、源氏物語絵巻(柏木)は並びました。平家納経(大河ドラマで観た!墨痕黒々鮮やか)にシビレル。牧谿のお猿さんがカワイイ。
そして、お目当ての松林図屏風ですが、まず、「これは展示の仕方が悪い!」と思いました。明らかに、近づいて細部を見るより少し離れて全体を鑑賞する方が良い、というかそうじゃないと全然面白くない作品なのです。しかし、常にガラスの前に人がいて、離れて全体像を見るなんてできやしません。
屏風に張り付いて見ようとする人の気持ちも分かりますよ。でも私と同じように離れた見ようとして不満げな様子の人は少なくありません。混雑でも、ガラスケースのもう少し手前に立入不可ラインを設けるべきなのに……
しかし、閉館間際に再度近世絵画コーナーに行ってみると……松林図屏風から離れた位置に人だかり、最前列の人はしゃがんで鑑賞。人が少なくなって係りの人が正しい鑑賞スタイルを案内したのか、お客さんが自発的に賢い譲り合いをしたのか。
時々空気を読まずにみんながあえて設けた屏風前の空間に踏み入ってくる人も出てきますが、ちゃんと霧の中の松林を味わいました。
長谷川久蔵の桜の花霞も、丸山応挙の黒い松白い雪の鮮やかさも。ちゃんと全体像を見た方が良い、絶対、良い。
……前回観た風神雷神図も、こうやって見たかったなあ、接近して観たんじゃ構図の妙が判りづらい。
今回は豪華図録も買って帰りました。こんな分厚いの全部読んでいるヒマないって分かっているのですが。

雨の京都、風神雷神2017/10/29 23:41

雨にぬれる京都国立博物館、朝一から長蛇の列。国宝展・第二期の最終日で、宗達の「風神雷神」展示がこの日までだったからか。帰りにはそこまで列は伸びていませんでした。台風の接近が午後以降って予報のため朝一に集中したのかもしれない。
意外とお子さんの姿も。一緒に行った友人によると、ビジュチューンなる番組が小学生に人気なのだという。
とにかく一時間ほど並んでから、空海さんの書からスタート。
火焔型土器の圧倒的個性的造形にニヤニヤしたり、
雪舟の秋冬山水図の枯れた美しさにホレボレしたり、
仏画や絵巻物の登場人物のユーモラスさにホッコリしたり、
豪華花嫁道具の数々に徳川家の力を見せつけられ、
凛々しく且つ優美な刀剣・鎧に、
中華風とも和風とも東南アジア風とも思えてしまう琉球衣裳。
ペルシャ風に見えるけどメイド・イン・チャイナ、有名な夢殿の獅子狩紋様錦にしみじみ感動。
しかし、人ごみの中、ミュージアム・ショップも含めて三時間以上かけて見て回って、結構クタクタです。焦らず休憩を取りこっそりカロリー補給しつつ堪能するのがベストかな。

雨の京都、Rapsodie espagnole2017/10/29 23:36

生憎なお天気の週末になってしまいましたが、二日続けて京都市内へお出かけです。

鴨川合流地点、下賀茂神社は初めて。南北に延びる糺の森は、紅葉でも美しいでしょうが、雨でもそれはそれで趣があります。瀬見の小川を渡り、河合社の、再現方丈も見ました。鴨長明さんの簡易住宅、こじんまりとした愛らしさがあります。
相生社、舞殿、みたらし池、花嫁行列。東西の本殿は国宝なんだそうですが、残念ながら賽銭箱とそのずっと奥にご神体があるんだろうなあってだけであんまりいいカンジには見えません。
それから下賀茂本通りを北上し、この日のメインイベントは、渦巻きスロープ・京都コンサートホール。大フィルの特別公演は、以前井上さんのラテンのノリが楽しかったので、今回のスペイン特集も聴きたくて。
●ラヴェル/スペイン狂詩曲
 ひそやかに忍び寄ってくる、ファンタジックな妖しさ。
●ロドリーゴ/アンダルシア協奏曲
 四本のギターとオーケストラ。ギターとトランペットの組み合わせがこんなに格好良いとは。
●ムソルグスキー(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」
 友達の展覧会の絵にイメージ曲をつけたムソルグスキーさん。いろんな人に編曲されているのは、それだけ魅力があるってことでしょう。大植さん指揮では何回か聞いたことがあるナンバーを、井上道義指揮で。井上さんの指揮は振りつけっていうか創作ダンスっていうか動きが面白いです。

あんまり長くないエキゾチックな曲を三つと、アンコールはハロウィンにちなんでハチャトゥリアン/仮面舞踏会。