「嘘八百」2018/01/19 23:53

堺が舞台の、ご当地映画だから。この映画を観に行った理由の第一がそれです。撮影地・堺(ものすごく局地的ピンポイントだったけど)の映画として、以前観に行った「セトウツミ」が大満足のできだったのでこれも期待していたのですが。
中井貴一主演のコメディ映画って、あんまり当たらないなあ。
最初に気になってしまったのが、「あんな狭い道に駐車したら迷惑やん!」……嘘がテーマの作品ですが、全体的に「嘘くささ」の方が出てしまう。演出のセンスがイマイチ。
骨董品の世界を扱うのですが、「ギャラリーフェイク」ほどの洗練も無く。
登場人物の掛け合いとかは面白かったのに。最初の方は騙し、騙されるテンポも良かったのだけど。
骨董品の鑑定もそうですが、占いとかジオラマとか、実のあるような無いような、虚のイメージが盛り込まれています。そして、海とカモメに象徴される、自由。
嘘に踊らされ、騙したり騙されたりすることも含めて、楽しんでいこうとするスタンスです。

「女の一生」2018/01/13 16:07

新年一発目の映画は、暗いウツ作品。モーパッサンの原作は読んだことは無いけど有名なので、暗い話なのは承知の上です。
貴族の御嬢さんが結婚した相手は、一見爽やかな好青年。暖炉の薪すらケチる、それでいて馬車に紋章描くのに拘ったり。そして浮気者。よりによってヒロインの心許した相手と不倫しちゃう下衆野郎。
さらに悲惨なのが、一人息子が父親に似て女にだらしが無く、さらに山っ気ばかりのボンクラであること。一旗揚げると家出し、事業が失敗したと言っては「ママ、お願い」と借金の肩代わりをさせる。
幸せそうに農園で作業する娘時代。
亭主と仲睦まじくデート。
息子と楽しげに戯れる様子。
温かく幸せそうな回想シーンが度々挿入されることで増々辛い。
いくつもあった農園も屋敷も失い、「ママは無一文になりました」……
ヒロインの、なにもかも他人に言われるがままに従ってしまう、己で決定できない意志の無さが気になりました。
亭主がボンクラなのはしょうもないのに引っかかってしまって可哀想なんですが、息子については子供のころからワガママちゃんだったのですから、もっとびしっと躾けてやっていたら違った成長をしていたかもしれないのに。
あんなんでも、我が息子は可愛いのか……
ラストほんのり光が見えるような描き方をしていましたが、とてもそんな風には思えない、女の一生台無しストーリー。

「思い出のマーニー」2017/07/15 01:33

久しぶりにのんびりと金曜ロードショー。


外国の児童文学チックが全開なお話。
としか言えないなあ。序盤に見られた、主人公アンナさんの、繊細さと鬱陶しさがいかにも少女らしい青臭さで結構良いと思いました。そこから、普通に女の子同士の友情につなげて遊んだり喧嘩したりして……でも、ファンタジーにしちゃったからなあ。
周りの大人たちの寛大さが大したものです。夜間に出歩いて度々自力で帰宅できなくなる徘徊少女に、異様に優しい。
そんなこんなで、青臭さがリアルな割に全体的にふわっとした白々しさを感じるのですが。
本当に、恵まれた子だなあって結論でいいのだろうか。
自分が嫌いなそこのお嬢さん、あなた結構愛されてますよ!

「インデペンデンス・デイ」2017/06/11 23:24

96年米国映画。
宇宙人による地球侵略に対抗!がんばれ地球人!
というマンガか特撮ヒーローモノみたいな設定ですが、結構面白かったです。
圧倒的な破壊力で壊滅する都市。あらゆる攻撃を受け付けない強大な敵。
昨年観た「シン・ゴジラ」を思い出しつつ録画を観ていましたが。
「ゴジラ」との大きな違いはふたつ。
リアリティー度が「ゴジラ」に比べて格段に劣る。その分漫画チックな派手さやワクワク感があります。
もう一つが、キャラクター描写。ちゃんと個々のプライベートや考え方人間性を描いていて感情移入しやすい。大統領自ら戦闘機のパイロットやるとかビックリでしたし、おとーさんのカミカゼ・アタックなんてちょっと感動したし。
いい娯楽作品だと思いました。

「相棒 劇場版Ⅳ」2017/02/26 00:42

観に行こうかどうしようか迷っていましたが。
職場の皆さんが面白い、とおっしゃっていて。
宣伝文句は「切ない」でしたが、悲しく可哀想な印象ばかりが強い。
要は、国家は国民を見捨てるよ、というお話(残念な現実)。
残念さを突き付けて、それに対するフォローというか救いが見えなくって悲壮感一辺倒なのです。
脚本も乱暴で(展開が偶然に頼りすぎとか、今時正体不明のUSBを職場パソコンにつなげてしまう迂闊さとか)、結局過去シーンの悲壮さばかりがリアルに残ります。
すっきりしない映画でした。

「オーバー・フェンス」2016/11/20 22:45

主演のオダギリジョーが、職業訓練校に行く話。
と聞いて、ぜひ観に行きたいと思った作品。ロケ地が札幌ポリテクセンターだもの。
まず、リアルで魅力的なのが、訓練校の、年齢職歴バラバラで個性的な面々。気怠い空気でありながら、それぞれに過去と現在と、進んでいく未来がある感じが垣間見える。
そして、オダギリに近づく蒼井優が、自他ともに認める「ぶっ壊れた」女を好演。普通の時の無邪気さと、壊れた時の鬱陶しさが同じ一つの魂から生じています。めちゃくちゃなのに説得力ある演技と演出。原作にない要素を上手く追加した、脚本の力も秀逸です。
何故彼女が「壊れた」か、具体的には説明されませんが、女性なのに名前が「さとし」で、虐められたかなんかあったんでしょうね。親のことを悪く言わないで、とか言いながら、親と仲良い感じは全然しません。
ラストは普通にお約束な展開だったのですが、上記二点が素晴らしかったので、明るい希望を持てて良かったと思えました。
フェンスを、超える。

「怒り」2016/11/07 00:17

日曜日の昼に買った玉葱が、月曜の夜にどろりと腐っていた、10月末日。
これって、怒っていいとこですね、ムカつくべきところですよね!
しかし、適切な怒り方って、なんなんでしょうか?
ブログ炎上させること?裁判で倍賞勝ち取ること?土下座させること?デモ行進すること?世界各地に慰安婦像立てること?それで、相手に怒りを伝えられる?



吉田修一原作の映画はこれまでに4本観て4本とも自分内で大当たりだったので、5本目も期待していたのですが。
なんだかよく分からない。役者陣はみんな熱演で坂本龍一の音楽も最高なのに、「悪人」のような緊張感がない。それでも終盤にかけて徐々に盛り上げていって、でも最後に肩すかしな感じ。凶悪殺人犯は、何をそんなに怒っていたのか、単に常軌を逸した狂人の犯行としか解釈できません。
釈然としない不完全燃焼さを解消するため、原作本も読みました。(映画みてからすぐ原作読むのって私には珍しいことです)
結局、どういう回路で怒りに火がつくのか、他人からはその内情はなかなか見えないんだってことでした。
怒りのあまり、人を殺害せざるを得なくなるお話。
なのですが、序盤は、不満はあるけど怒れない、怒っても仕方がない何も変わらないという、諦めた人々の物語でした。それぞれ不安な現実を抱えながらも、徐々に明るい方向に向かいそうでいて・・・・それが破られる。
内情はなかなか見えない、そんな他人を信じるとは、どういうことか。
この作品の特徴は、相手を信じたパターンでも信じきれなかったパターンでも、どちらも破局を迎えるということ。
しかし、結果として、自分の弱みに付け込まれ相手を信じきってしまった方が、自身や周囲に与えたダメージが大きい。怒りという名の、魔に付かれてしまって。
逆に、信じたいけど信じきれなかった方が、戦う力を持つことになります(ここら辺が、映画では描写不足だったと思う)。衝突や後悔という苦難を伴っても、そこから何かが生まれてくる。
作中で、疑ってるっていうのは信じてるってこと、っていう逆説がちらりとありましたが。
なんか、分かります。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」2016/09/04 16:24

金曜ロードショー。
原作ラノベのアイディア勝ちって感じの映画。タイム・リープを、こういう形で使うのか。同じ場面を違った形で使いまわす、映像向けです。
都合よすぎる設定とも思うのに、何故かちゃんと説得力があります。とにかく死にまくって生き返りまくって、徐々にたくましくなっていく主人公。
元通りになるって分かっていても、繰り返し訪れる彼女の死の場面は、気持ちのいいものではなかったでしょう。
敵宇宙人?や味方装備にはさほど格好よさは感じなかったけれど。
トム・クルーズとエミリー・ブラントが素敵だからそれで良いのです。

「オカンの嫁入り」2016/02/16 00:02

2010年、呉美保監督。
冒頭から、温かみと清潔感のある生活の場が映し出される。ジャリンコチエ風、大阪の下町人情。馴染ある電車、犬の散歩に行っていた高台にある公園って大阪城公園?
真夜中に泥酔した母親が、金髪の若い男を連れて帰宅し、翌朝突然、結婚宣言。猛反発の娘……これは、破天荒な母親に娘が振り回される系のハナシか、と思ったら、そうでもない。妙に、娘の言動が子供っぽい。
実は、酷い目に合ったトラウマからニート状態の娘の方が、精神的に母親に頼っている状態。
そこから先は、けっこうテンプレ展開でしたが、でも、いいハナシでした。
大竹しのぶの、娘を愛する気持ちが。宮崎あおい演じる娘さんとの、仲良し母娘っぷりが。
とにかく、温かい。

「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙をもつ少女」2015/10/28 00:12

A GIRL WALKS HOME ALONE AT NIGHT
邦題より原題のほうが絶対格好良いけど、吸血鬼ものだって分かるようにしなきゃならないのだなあ。
いまどき白黒映画。しかし音楽はテクノっていうのかロックっていうのか、とにかく大音量。
監督のアナ・リリ・アミルプールさんはイラン系米国人で、この映画の舞台も中東のどこかにある寂れた町で、娼婦とか薬中とか胡散臭げな人々が美少女吸血鬼の餌食になる。
黒マントならぬ黒いチャドルを頭からかぶったヴァンパイアがこちら(獲物)を見つめる様子はただならぬ不気味さがあります。
しかし、セリフが極端に少なくて彼女が何考えているのかよく分からない(そこが恐怖ってことでもあるのでしょうが)。ジックリ間を取りすぎて眠たくなってきます。
ストーリーもあるような無いような感じで、ラストに男と町を飛び出した、その後の方がドラマが待っていそうなんですが。
イメージ映像としては面白かったです。