「相棒 劇場版Ⅳ」2017/02/26 00:42

観に行こうかどうしようか迷っていましたが。
職場の皆さんが面白い、とおっしゃっていて。
宣伝文句は「切ない」でしたが、悲しく可哀想な印象ばかりが強い。
要は、国家は国民を見捨てるよ、というお話(残念な現実)。
残念さを突き付けて、それに対するフォローというか救いが見えなくって悲壮感一辺倒なのです。
脚本も乱暴で(展開が偶然に頼りすぎとか、今時正体不明のUSBを職場パソコンにつなげてしまう迂闊さとか)、結局過去シーンの悲壮さばかりがリアルに残ります。
すっきりしない映画でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2017/02/26/8375975/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。