「嘘八百」2018/01/19 23:53

堺が舞台の、ご当地映画だから。この映画を観に行った理由の第一がそれです。撮影地・堺(ものすごく局地的ピンポイントだったけど)の映画として、以前観に行った「セトウツミ」が大満足のできだったのでこれも期待していたのですが。
中井貴一主演のコメディ映画って、あんまり当たらないなあ。
最初に気になってしまったのが、「あんな狭い道に駐車したら迷惑やん!」……嘘がテーマの作品ですが、全体的に「嘘くささ」の方が出てしまう。演出のセンスがイマイチ。
骨董品の世界を扱うのですが、「ギャラリーフェイク」ほどの洗練も無く。
登場人物の掛け合いとかは面白かったのに。最初の方は騙し、騙されるテンポも良かったのだけど。
骨董品の鑑定もそうですが、占いとかジオラマとか、実のあるような無いような、虚のイメージが盛り込まれています。そして、海とカモメに象徴される、自由。
嘘に踊らされ、騙したり騙されたりすることも含めて、楽しんでいこうとするスタンスです。

「女の一生」2018/01/13 16:07

新年一発目の映画は、暗いウツ作品。モーパッサンの原作は読んだことは無いけど有名なので、暗い話なのは承知の上です。
貴族の御嬢さんが結婚した相手は、一見爽やかな好青年。暖炉の薪すらケチる、それでいて馬車に紋章描くのに拘ったり。そして浮気者。よりによってヒロインの心許した相手と不倫しちゃう下衆野郎。
さらに悲惨なのが、一人息子が父親に似て女にだらしが無く、さらに山っ気ばかりのボンクラであること。一旗揚げると家出し、事業が失敗したと言っては「ママ、お願い」と借金の肩代わりをさせる。
幸せそうに農園で作業する娘時代。
亭主と仲睦まじくデート。
息子と楽しげに戯れる様子。
温かく幸せそうな回想シーンが度々挿入されることで増々辛い。
いくつもあった農園も屋敷も失い、「ママは無一文になりました」……
ヒロインの、なにもかも他人に言われるがままに従ってしまう、己で決定できない意志の無さが気になりました。
亭主がボンクラなのはしょうもないのに引っかかってしまって可哀想なんですが、息子については子供のころからワガママちゃんだったのですから、もっとびしっと躾けてやっていたら違った成長をしていたかもしれないのに。
あんなんでも、我が息子は可愛いのか……
ラストほんのり光が見えるような描き方をしていましたが、とてもそんな風には思えない、女の一生台無しストーリー。

「しんせかい」2018/01/05 23:12

昨年「やすらぎの郷」なるTVドラマが流行ったそうですが(一度も観てない)、その脚本書いた方が主催するお芝居塾があるという。著者・山下澄人氏がその塾での体験を描いた作品が、H28年下半期に芥川賞受賞したわけですが。
一ページ目から、読みにくく感じました。「○○である。否、○○ではない」といった文章が多く、「どっちやねん!」というモヤモヤ感。
特殊な状況で体験したもの得たもの感じたものを描く。と、思ったら大間違いで主題は塾での体験自体ではありません。塾時代を振り返って印象に残っている事象を、記憶があいまいで事実関係がよく分からないことまで含めてそのまま文章に転写する。
キレイな言い方をすれば、「モネの睡蓮のように」。
でも正直な感想を述べれば、「ピンボケ写真」。インスタ映えする被写体を選んでおきながらカメラの性能も撮影技術もなっていなくて写りが悪い。
もちろん、人の記憶なんてそんなに明快なモノじゃないし、明け方の夢のようにぼんやりすることだってあるでしょう。30年も前の体験ならなおさら。
でも、それ以前に、主人公=著者の現実認識のエエ加減さゆえのピンボケなのです。
しんせかい、どころかオノレ自身も良く見えていない、悩みなきモラトリアム。

「逃げるは恥だが役に立つ」2018/01/04 22:59

大掃除はサボろうと思っていたけど、新垣結衣がせっせとお掃除しているのを見て、窓拭きくらいはやっとこうかと。
年末年始に集中再放送されていた、2016年のヒットドラマ。
主婦の家事労働に対価を支払うべきか、なんてことを真面目に議論しているのを見たことがありましたが、ドラマではそんな素っ頓狂なことはせず普通に夫婦家事分担を模索していたのでちょっと拍子抜け。
古田新太のコメディアンっぷりといい、妄想のパロディ演出といい(元彼のシンジ君に大笑い)、面白おかしい要素もたっぷりなのですが。
本筋は、とてもマジメです。登場人物全員がそれぞれに真摯で善良。ヒロインの「仕事としてやるからには最大限のパフォーマンスを」という姿勢はつまりは勤勉の美徳。できる限りサボりたい手抜きしたいって人もいるし、そこまではいかずともほどほどの成果が出ればヨシ、と思う人だっているんだけど。
こんなにカワイくてしっかりしてて好感度高い女性が身の回りの世話してくれたら、そりゃあ嫁にしたくもなるよね。
ゆりちゃんの格好よさも印象的でした。メッチャ部下に敬愛されている上司、ステキ。
前向きで、最期はこれでもかってくらい大団円。
新しい年に楽しく視聴するのにうってつけでした。

「雲のむこう、約束の場所」2018/01/03 23:52

日本は南北分断され、北海道を支配するユニオン(ソ連的な国家)と戦争間近、というSF設定。今の朝鮮半島を思い浮かべてちょっとヤな気分にもなりますが、しかしその分、色々リアルに感じることができます。
核ではなく、別次元の空間(宇宙の夢?)を持ってくるという謎のテクノロジーを研究していて、そのあたりの理論はサッパリなのですが、しかしお話の流れとしては、過不足なくって、とても完成度の高い脚本だと思いました。
前夜放送の「秒速5センチメートル」では<手に届かないどこか遠くにあるものを思う>という状況に酔ってるばかりでそれ以上前進できない感じだったのですが、「雲のむこう、約束の場所」では、壁を突破します。
主人公の少年に、頼りになるお友達がいたのが大きいですね。
少年時代の憧れ、恋愛、友情、ファンタジー、社会不安、武装地下組織に空中戦まで、盛りだくさんを美しい映像で描かれて、大満足でした。

「秒速5センチメートル」2018/01/02 23:40

2016年大ヒットの新海誠監督の、2007年作品、深夜TVで放送。
3話構成で、1話の切なさがすごく、良い。中一男子にとって、東京から栃木までの旅はとんでもなく遠距離だよねえ。しかも、電車は雪で進まない。山崎まさよしの歌が切ない。
それでも会いに行く少年、それでも待ち続ける少女。
しかしそれが、どうしてこうなった?2話の内容からてっきり彼女はお亡くなりになったのかと思ったのに、3話でちゃんと登場、しかも結構幸せそう。
逆だなあ、と思いました。「君の名は。」は二人が心通わせていく過程をバッサリカットしていましたが、「秒速」の方は二人の交流が途絶えた理由が描かれない。中一の時点ではたびたびお手紙のやり取りしていたのに、成長してケータイも持つようになってからの方が疎遠になるとか……
まあ、ありきたりに考えれば、遠くにいる人との絆を保ち続けることより身近に生じるアレコレに向き合う方を大事にしたってことなんでしょうが……
遥かな距離、ゆっくりと変化させる時の流れ、届かない思いを抱えた孤独感。

「おちくぼ物語」2017/12/30 23:48

きっかけや経緯は様々あるでしょうが。
相手の人格を無視して強制的に自分の支配下に置こうとする。その自己中心的な非道さに、自分では気づかない。自覚のないまま、暗い歪みはエスカレートしていき……

1979年の文集文庫の新装版。これが出版社の姑息な手段だと分かってはいても、いのまたむつみの表紙絵がカワイイことに異論はない。平安時代のお姫様がこんなお目目パッチリ美少女なわけないことなど大した問題ではなく。
作中でこの時代の生活風俗について色々解説してくれていて(石山詣でとか、結婚の仕組みとか、方違えとか)、なんか田辺聖子による平安・古典文学入門書、を読んでいる気にもなってきます。……ジャパネスクを思い出すなあ。
また、田辺聖子による人間解説(要するに、男ってやつは、女ってやつは、という)もどこか冷めた感じが面白いです。
ストーリーは単純なもので、継母に虐められているお姫様がリッチなイケメンに助けられてめでたしめでたし。
しかし、この姫様の、人は良いけど気弱すぎる部分に、ちょっとイライラしてきます。もっとガツンと言ってやればいいのに、と思う場面がいくつかあって、歯がゆい。
きっぱり自己主張しない女の方が悲劇のヒロインって感じはするのでしょうが。
現実は、素敵な殿方が助けてくれるなんてことは滅多にないのです。
人知れず、餓えて凍えて死んでしまうかもしれないのだ。
殺してしまうかもしれないのだ。

「風と共に去りぬ」2017/12/23 22:54

Gone with the Wind
今年の秋から初冬にかけて、私の夜更かしの一因になっていたのがこの大河小説。
「伊藤君A to E」で語られていたので読んでみたのですが(読了後改めて読み返してニヤニヤしたり)、これがメチャメチャ面白い。さすが。
文庫本で5巻もあるのですが、内容充実です。
まず、歴史ものとして面白い。目からウロコ、米国史って。かの国でも「欲しがりません勝つまでは」的な時代があったなんて。今の北朝鮮が二本の戦前戦中に通じるところがある、という意見を目にしたことがありましたが、南北戦争時の南部アメリカにも重なる所があるかもしれません。
アトランタ陥落までのリアル、軍隊による略奪、占領下の治安の悪化。
歴史って、時代も国家も民族も越えて繰り返されるのかなあ。
そして、スカーレットを中心とした四角関係。スカーレットっていうのはギャルのイメージ(?)
美人で勝気、虚栄心が強く何事も自己中心的。目先の欲求を追求するためには抜け目なく力強く行動するけど深い考えは持たないので結構いろんなものを失っていく。
エゴイズムって、男が描くと暗くて卑屈で重苦しくなりがちだけど、女性視点で描くとある種の活力の方が勝ってくるのはなぜだろう?
お友達になるにはちょおっと度胸がいるけど、でもこういう人ってきっといるよなあ。独自の道を歩いて成功するか、逆に何もかも失って破滅するかってタイプ。
今回は新潮文庫版だったけど、いつか岩波文庫版で読み返してみたいなあ。

東寺へ2017/12/17 07:03

この時期にこういう所へ行くと、必ず注文してしまう善哉。若い衆のように抹茶ソフトなんかオーダーできません。暖と糖を補給。

法大師さんゆかりの東寺へ。正式名称・教王護国寺ってなんか偉そう。
先月散々国宝仏像見たのにまたかいって感じですが。
最初に食堂で朱印記載してもらって版画展を見て回って。
どっしりした薬師如来さんに、その下の十二神将さんたちの、今にも動き出しそうな躍動感。静と動。
ずらり並んだ立体曼荼羅、彼らを見ていると深夜に密やかに会議など行っているような気になってきます。「今日はかわいい娘が来てたね」「あの不倫旅行の二人には仏罰当てとこうか?」……なんて。漫画の「とめはね!」でもあったけど、端正なお顔の帝釈天さんが象に座ってポーズ決めているのはなんか笑えます。
宮本武蔵作の襖絵はなんだか薄汚れていて鷲が飛んでいるの、分かりにくいです。
五重塔は近くで見ると巨大で貫録あります。これは内部も見てみたいなあ。

モーツァルト、モーツァルト、モーツァルト、2017/12/01 00:35

先週、勤労感謝の日に聴きにいった、大フィル定期公演。
モーツァルトの交響曲さいごの3つ。モーツァルトはBGMにはうってつけだけどじっくり聞こうとすると眠たくなるのですが、これらは有名だから。
三大交響曲っていいますが、39番をじっくり聴いたのはこれが初めて。
40番は、モーツァルトには珍しい短調ですが、暗くも重くもなく、やっぱり優美。モーツァルトらしい軽快さの中に緊張感を含む感じで、好きな曲です。
そして41番、「ジュピター」。
コンサートのあと梅田へ出たのですが、一緒に呑んでいた人が「(クラシックは聴かないけど)これは知っている」と。アニメのBGMに使われていたそうです。どんなシーンなんだろう。ど派手に踊り狂っているような場面(イメージ)???