「孤狼の血」2018/05/21 00:02

米国では学校での発砲事件が今年に入ってもう22件も発生しているとか。
銃で撃たれるシーンはどんなに血が噴き出してもさほど恐ろしさを感じない。なのに、ユビツメはそれがはっきり画面に出なくてもとっても痛そうで怖いのはなぜだろう?
暴力にモノを言わせるのもヤクザ映画も趣味じゃないのに、何故これを観に行ったかと言えば、そんなバイオレンスな原作小説の作者が女性だということで興味を持って。
物語はテンポが良く、役者の皆さんもそれぞれ楽しげに熱演で面白かったです。
だけど、何かが足りない気もする。
昭和の終盤(天皇陛下病状ニュースとか流れてた)、ケータイも無くポケベルで連絡とか……。なぜ今、そんな時代のヤクザの抗争を描くのか。単なる懐古趣味以上の意味が見出せなかった……
昭和のヤクザもののイメージ、な始まりですが、実体は警察もの。役所広司演じる大上刑事は違法行為全開の不良警官で、しかしその行動は目的がはっきりしていて、やること滅茶苦茶だけど、結構理性的。
江口洋介演じる若頭はメッチャ格好良い。だけど惜しい、スマートすぎてこの人だけがなんか平成っぽい。
もう少し狂気が欲しい。そして主人公側の魅力だけじゃなくってヤクザ側の義理人情ももう少し出してほしかった。あれじゃ勢力争いとメンツばかりを気にする集団。せっかく大ボスが伊吹吾郎なのに、刑務所で大人しくしているばっかりでもったいない、凄みをきかせてほしかった。
なんか惜しいトコロばっかりな感じですが。
敵ボスの石橋蓮司がもう、ホンマにその筋の人にしか見えない。
数少ない女性キャラ、真木よう子の美しいこと。
可愛い豚ちゃん。
そして、もう一人の主人公である松坂桃李、真面目な新人刑事なんだけど空手の使い手でちゃんと強いのがツボ(ギャップ感大事)。そしてこういうキャラがうって変わって「仕掛け」ていく、そこをもっと押してほしいと思うのは、私が登場人物の「成長要素」が好きだからだろうなあ。

「日本沈没 第二部」2018/05/06 00:27

小松左京。と、谷甲州の合作だそうで。
第一部が大変面白かったけど、第二部の方はイマイチ思っていたのと違ってなかなか読み進めず、まとめて時間取ってやっつけるつもりでした。
できれば、沈没してから二、三年後ぐらいの生き残った彼らの姿(移住編!)を読んでみたかったんですが、これはもっと飛んで25年後の世界。
一部に比べて格段に評価が下がってしまう本書でありますが。
まず、登場人物にあんまり感情移入できない。人物描写が下手っていうかおざなり。
そして、全体的に殺伐としています。
一部は、地球規模の自然現象に対する畏敬の念と、それに翻弄されながらも懸命に抗おうとする小さな日本人たちの姿が感動だったのです。もちろんキレイごとばかりではないのですが、基本はヒューマニズム。自衛隊は命がけで救助活動をする存在だったのに、銃撃戦するようになってしまうなんて・・・・
中国と米国の印象がとってもダーティ。2006年刊行だけど、「米国ファースト」公言されるこんにちにおいて、ナショナリズムによるエゴイズムに、説得力があります。
殺伐した世界で、国土を失った日本に残された武器は、人材と、それが生み出す技術。
そして、己の利益に固執して姑息に立ち回るより、公明正大情報公開して辛抱強く他と協調する道こそが、その武器を最大限に生かせるのでした。
でも、最後にみんなで歌ってるのが「君が代」ってのが違和感ありすぎ。日本のカルチャーとして未来に残されたのそれですかっ!!

「娼年」2018/05/03 16:37

R18、観客の9割女性、尻・乳・太腿、パンフレット完売の文字。
これ、以前は舞台で上演されていたって凄いなあ。
何が面白くないのか、暗い目をした無気力大学生が、ある夜オバちゃんに誘われて娼夫になり、なんかイキイキしてくるお話。
あんなにいい娘が尽くしてくれてるのに、熟女好みとは……
人間の持つ原始的欲求のひとつ、性愛がテーマで濡れ場シーンだらけで、でも色気とかエロスとかはあんまりないです。都会の景色や音楽はオシャレですが、ゴム必至とか、生々しさを目指しています。
でも、私痛いシーンは苦手だあ。
松坂桃李くん演じるリョウ君は、人々が求める様々な形の性愛に対し、びっくりしながらも引いた様子はなく受け入れる。それでいて、お金を頂くためのビジネスに徹した態度でもなく、ちゃんと相手に敬意と慈しみを持って接する。
……こういう商売に需要があるっていうのは納得できる感じです。
それでも、主人公は最後には夜の世界からカタギに戻るのだろうと思っていたのに、まだまだ続けていくんだ。

京都水族館2018/04/22 15:15

さんさんと日の差す公園と、断絶させず続き感がある建物。
京都水族館は、噂に違わぬ楽しいトコロでした。
オオサンショウウオの赤子のような手、水面に出して息するオットセイの鼻、イルカの優美なジャンプ、幻想的なクラゲ、ケンカするチンアナゴ、鰯の群舞の華麗なこと。
そして、ガラス越しではありながら、ペンギンがすぐ目の前に。泳ぎ、歩き、寝そべる姿を存分に堪能できます。
見せ方が、上手いなあ。
生き物たちの魅力をめいっぱい伝えようとする姿勢。好物とか性格とかも紹介されて、説明も分かり易い。

「ペンタンゴン・ペーパーズ 最高機密文書」2018/04/15 15:42

The Post
先月から次から次へと社会面に登場する「コンナン出ました~」というニュース、言うまでもなく例の朝日のスッパヌキ記事から生まれた現象で。
この時他の報道機関の立場から見れば「ぐあああああやられたああああ!!!!!!」って七転八倒もんで、この追い越されを挽回すべく超本気猛然と各方面に取材攻勢をかけそこへ情報リークする者も出て……
あまりに「それ、今更出てくんの!?」が続いてちょっと飽きがきてしまう(そんなこと言っちゃダメなんだけど)ようなところへ、さらに新聞モノ映画。
土地値引き権力者忖度とベトナム戦争とではスケールが違いますが、上記のようなことを思いつつ鑑賞すると味わい深い。
最初の方は、あんまり面白くないのです。文書コピー取るシーンなんて映像としては地味なもんですし、背広のオッチャン方が大勢画面に出てくるけどイマイチ人間関係つかめない、株式公開の会議も小難しい、そしてヒロインである社主(メリル・ストリープ)、彼女の立場の弱さ押しの弱さ自信の無さが、なんか全体の地味さを表わしているような。
それが、しまいにはただ新聞記事が活字になって印刷されているだけのシーンにとても感動的を覚えるようになってしまうのだから。
スピルバーグの社会派映画をちゃんと見るのは初めてかも。エンタメでなくても、やっぱり面白いなあ。
権力者の圧力を前にして、会社を守るために引くか、会社の使命を守るために進むか。
割と良くあるテーマではありますが、王道ってのは偉大です。
ジャーナリズムの物語(主にトム・ハンクスが担う)であると同時に、女性の物語でもある。
家族経営の新聞社で前社長の妻という立場でお飾りのトップ、みたいな扱われ方だったケイさん。経験も浅く性格的にも「向いていない」と言いながら、それでも真面目に目の前の問題に向き合ってきたのでした。
経済状況が悪い中で政権を敵に回すリスク。個人的にも親しくしていた政府要人(お友達ってやつです)の敵にまわってしまう。
その中で、静かに、穏やかに、決断を下す。
でも、一番感動的だったのは、政府vs新聞社の判決でした。
これが日本だったら、判事はここまでジャーナリズムを称える言葉を述べるでしょうか…

春風5番2018/04/14 00:55

ベートーヴェンの「皇帝」「運命」という、王道鉄板人気プログラム。おなじ組み合わせは、二年くらい前にテルマンオケの古楽器演奏で聴きましたが、今回はシンフォニーホールで。
これってこんな可愛らしい曲やったんや……ピアノ協奏曲5番は、「皇帝」というなんかふんぞり返ったタイトルとは裏腹に、春風のように優しく柔らかい感じでした。第一楽章のバーン、という出だしのインパクトが強いけど、実は癒し系だったんだ。
それに続いて、フォルテとアレグロでパンチの利いた交響曲5番でイケイケなのです。

コンサート会場ではたくさんチラシをもらいますが、今回演奏の日本センチュリー交響楽団の、今年度パンフレットが大変気合入っていました。主催演奏会のプログラム・日程のみならず、コンサートホールへのアクセスや楽団員全員の顔写真付プロフィール紹介まで。生まれ変わったら「ティラノサウルス」になりたいって小学生男子かい!
お客さんを呼ぶぞ、親しみを持ってもらえるようにアピールだ!
30周年を迎えるセンチュリーの意気込みと、首席指揮者・飯森さんのマネジメント能力を感じました。

「火垂るの墓」2018/04/14 00:54

金曜の晩から、ずーーーんと気分が重くなる金曜ロードショウ。
アンデルセン賞受賞で魔女宅が放送されるかと思っていたら、突然の訃報。
で、何年振りかで観ていたのですが、案外中身覚えているものです。ストーリー自体はシンプルだからか、作品の力ゆえか。
せっちゃんの可愛さに騙されそうですが、結構キツイ。冒頭から死んでる主人公、母親の無残な姿、ころりと死ぬ蛍、幼子の衰弱していく様。
子供向けアニメでシビアで悲しい結末って「フランダースの犬」が有名ですが、しかし、ノリと笑い重視な最近は、そういうのあるのかなあ。「コナン」や「ワンピース」にも可哀想エピソードはあるものの最後は明るく締めるから。
はたから見れば確かに幼児と遊んでる日常なセイタ君。居候暮らしの肩身の狭さを耐えることのできなかったお兄ちゃん。
妹を大切に思っていたことは確かだけど。
それに逃避した面もあるのだろうなあ。
彼だって辛かった、大切な妹と美しい思い出にすがらざるを得なかった……

第90回記念センバツ、準々決勝、四月ばか??2018/04/01 20:13

大阪にいたころなら球場へ観戦に行ったかもしれないけど、今日は寝坊!


東海大相模3-1日本航空石川
これまで大量点で大勝してきた相模、接戦になっても、先頭打者本塁打で先制、追加点、ダメ押し、と安定した試合運びで4強。

智弁和歌山11-10創生館
逃げる創生館、追う智和歌。追っても追っても突き放されてきた創生館に、九回裏二死土壇場で、エース平田が同点2点タイムリー、9-9。これで流れが来たか、と思ったら、延長十回またまた創生館がリードを奪う。
しかし。
今大会、サヨナラゲーム何回目だろうか。最大5点差ついたゲーム、何度突き放されても追い続けてきた智弁和歌山が、十回裏にとうとう追い越した!凄い試合でした。

大阪桐蔭19-0花巻東
別の意味で、凄い試合。長打あり、スクイズあり、大阪桐蔭が思う存分暴れまわり、三投手で完封、完勝。花巻東は早めに投手を替え、前日十回を投げ抜いた伊藤投手まで出してきたけど、それを尽く打ち崩されて……大谷時代以来のリベンジならず。
……昔は野球留学っていったら、主に大阪や兵庫の有力選手が別地方の高校から甲子園を目指すことを言ったけど、最近では全国の有力選手が大阪桐蔭に集まり、大阪桐蔭に行けなかった大阪の選手がよその土地へ旅立つという事情になってきているような……
大阪→全国、では、その地域全体のレベルアップになることもあるでしょうが、全国→大阪桐蔭、な図式はただ一校が一強になるだけだよなあ……

三重14-9-星陵
逃げる三重高校、追う星陵…今日の第二試合と同様点の取り合いなんだけど、なんか、守備がバタバタして失策や四死球が失点に繋がって、荒れ試合って感じもする。
八回裏に9-9追いついた星陵。しかし九回、三重が大量得点で試合を決める。
トーナメント表観た時から、準決で2014年夏決勝の再現ならないかなあって思っていましたが。打撃戦必至か。でもこんなバタバタと長い試合やってたら明日休養日とはいえ、疲れが残らないだろうか。

第90回記念センバツ、九日目、投手のちから2018/03/31 19:39

絶好の花見日和?
いいんです、一日TV観戦高校野球で。

序盤から四死球が多く球数が増え、九回にはついに本塁打を打たれ、さらに満塁にされた先発投手を、それでも続投させる監督さんの意図は如何に?
大阪桐蔭5-1明秀日立
まあ、それでも根尾投手、被安打4失点1奪三振11の完投。
ジリジリと点差を広げていった大阪桐蔭に対し、明秀日立は四球でもらったチャンスを活かせず。最終回の反撃、我慢の投球を続けた細川投手の一振りっていうのが印象的。

九回裏を無安打無失点で抑えた増居投手、そこで何かが切れたのか。十回裏に初安打を浴びて、さらに心理的影響があったのか。サヨナラの犠牲フライで、大記録ならず。
花巻東1-0彦根東
13年夏のリベンジならず。しかし増居投手の強気のストレートは最高でした、また夏に帰って来てほしい選手です。

ほぼ完璧、なロングリリーフは実らず。
三重2-1乙訓
内野ゴロでの1得点のみ、序盤の2失点に届かないまま、なんかあっという間にゲームセットになってしまった感じ。しかし緒戦に引き続き無失策、強打三重打線をここまで抑えた戦いぶりはお見事でした。
本日……明秀日立と乙訓が敗れたために初出場組は全校敗退、また彦根東と乙訓の敗戦によって公立組も姿を消した。

本日二度目の延長サヨナラ!
星陵4-3近江
初回に先制し中盤に追加点、近江のペースと思っていたら、六回に3-3同点に追いつかれて試合は分からなくなってしまった。終盤もつれると、裏の攻撃はやっぱり有利やなあ。
これで今大会3校出場していた滋賀県勢は全て敗退。
そして星陵と日本航空石川、石川県勢二校が八強へ!

第90回記念センバツ、三日目、大乱調からの底力2018/03/26 07:21

甲子園優勝経験もある常連校と、春夏通じて初出場チーム。なんだけど、好カードと注目の一戦。
相手の野選等スキを逃さず初回3点先制した明徳義塾、しかし八回、それまで好投だった市川投手が四死球でピンチを作り5-3試合がひっくり返る。
これで決まりか、と思ったら。
八回裏に1点返し、九回裏、それまで不調だった四番が逆転サヨナラホームラン!
明徳義塾7-5中央学院
中央学院は送りバント失敗したり、無死満塁で畳み掛けられなかったり拙攻。神宮大会リベンジならず。

強打・智弁和歌山と堅守・富山商。みたいに言われていたけど、富山商は失策が失点に繋がってしまった、創部100年の甲子園勝利は夏へおあずけ。
智弁和歌山4-2富山商
試合展開自体は、富山商先制、すぐに智和歌が追いつき、勝ち越し、富山商も一点取って同点……て感じでとても面白かったです。
智弁和歌山はエースが体調不良だそうで(変な病気じゃなきゃいいけど)、二番手三番手投手で継投だったけど、それで2失点におさえてリリーフ投手が公式戦初打点で決勝打という、次戦に向けていい収穫だったのではないでしょうか。

ぼーいずびーあんびしゃーす。な日大山形、夏はお馴染みだけどセンバツでは意外にも36年ぶり出場。一昨年優勝の奈良智弁学園に挑み、四回表にスクイズで先制。智弁もすぐ裏に三塁打犠牲フライで同点とし、すると五回に山形もお返し、三塁打にタイムリーで勝ち越す。
これも、互角の勝負。取って取られて、最終的に
智弁学園5-3日大山形
逆転、さらにダメ押しソロで日大山形の反撃を振り切った智弁学園。ファン期待の「智弁対決」に向けて、こちらもいい感じでスタート切りました。