「天、共に在り アフガニスタン三十年の闘い」2023/01/28 12:19

石風社の「医者、用水路を拓く」は中村哲医師暗殺後に図書館で借りて読み、目から鱗が落ちる思いでした。土木工事を見る目が変わりました。アフガニスタンという国の歴史や社会も興味深い。9.11後のアフガンを同国農村地帯から見た記録として、歴史的価値もある一冊と言えるでしょう。米軍がテロと戦っていた裏で、地球温暖化と闘う人たちの姿。
今年になって中村医師の別の著書を読んだのは、昨年の米軍敗北やロシア・ウクライナ戦争の影響もあってのこと。ウクライナでは破壊された町の映像が大量に発信されましたが、同様のことはアジアの農業国でも起こっていたのです。
NHK出版の本書も、用水路作りが中心ではありますが、技術的・社会的な困難についての説明を大きく端折った分、読みやすい。2013年までの30年間プラス、著者の生い立ちにも触れられています。
記述内容が時間を遡ったり進んだりすることも多く、巻末の年表を見返しつつ読んでいくのですが、様々な事件や事業が同時並列で繰り広げられているものです。
著者の功績は大きい。そして、事業に協力した大勢の人たちがいました。凶事により偉大な人物が失われましたが、志や技術を受け継いだ人々と、水路は残されました。
命が尽きても、魂は輝き続ける。

「ケイコ 目を澄ませて」2023/01/21 09:50

祝、毎日映コン大賞。三宅唱監督や岸井ゆきのも受賞。22年の主演女優賞は倍賞千恵子の総ナメかと予想していましたが、ベテランの円熟以上に若者の挑戦とひたむきさを買われましたか。

ボクシング映画をちゃんと観るのは初めてかもしれません。しかし、これが映画向きな題材なのは、分かったように思います。
鍛えられ、研ぎ澄まされた運動の美しさは、フィルムに焼き付けるのにとても相性が良い。
その一方で、この作品は、主人公の雑多な日常も、同じ重量で描き出す。
実在の聴覚障害ボクサーをモデルにし、みんながマスクをしている時代の不都合さもエピソードに盛り込まれています。しかし主題はそれではない。
ハンデを乗り越えてプロボクサーになり、ほぼ毎日ジムに通い、毎朝ロードワークをこなす。彼女の熱心さ、目の輝きは、雄弁に語ります。ボクシングが好きだと。
ところが、人間は複雑。トレーニングはキツいし、試合は勝っても負けても痛い。そんなところへ、お世話になっていたジムの閉鎖が告げられる。……辞め時か?
強くなんかない。
多くを語らぬヒロインの、素直な声を聴くために。
この映画は、観客の方こそが、目を澄まそうとする。

「魔術はささやく」2023/01/15 22:25

宮部みゆきの出世作、日本サスペンス大賞。
前半は「火車」のような社会派でいくのかと思ったら、後半はSFみたいになって、ミステリとしては中途半端な気はします。
それでも、ちゃんと面白く読めました。各登場人物たちに説得力があり、軽妙な会話で飽きさせない。主人公の守くんは深刻な生い立ちですが、力になってくれる大人や友人がいて、変にねじ曲がることなく育ってくれました。
しかし、彼はそれだけの少年ではない。高校のいじめっ子に激怒して、逆に相手を精神的に支配することに成功する。
そこに鍵穴があり、それに合う鍵を用意すれば、中身は第三者の手の上に容易に転がされる。魔法の鍵は、取り扱い注意。それなのに、簡単に使ったり、使われたりするのです。
人の意識の底にある、欲望や不安を開く、魔術。クリスティーのポワロものにも、人を操るたぐいの事件がありました。
世界中で、人は、さまざまな形で魔術にかかり、自分では止まれぬダンスを踊るのでしょう。

ランタンと琉球太鼓2023/01/14 23:40

魂を震わせる、ずしりとした響き。時に指笛。
据え付けて連打する和太鼓とは趣が異なる。吊帯を肩から斜め掛けし、腹に抱えた太鼓を右手のバチで打ち、緩いテンポでくるくるとステップを踏む演舞。
三十名ほどのメンバーは、小中学生が多いか。幟には「琉球祭太鼓 京都支部」とありましたが、大阪や兵庫からも集まってきたという。雨が上がって本当に良かったです。

そんな奉納太鼓が行われたのは、萬福寺のランタンフェスタ。日中国交樹立50年記念で、先月から開催されている光のイベントです。中華風寺院に中国のランタン飾り。入場料が強気なお値段設定だったのですが、市民サービスデーで半額以下、甘酒無料券あり、に釣られました。
骨組みにカラフルな布やガラス小瓶を貼り付けた、鶴やお釈迦様や宝船や桃園の孫悟空などの像が、日の落ちた境内に輝く。変わったものでは、樹脂製の大きな輪が色とりどりに吊り下げられている。十年以上ぶりくらいに、ブランコを漕ぎました。それも、色の変わる光を放つやつを。
蓮池周りの、大型犬サイズの昆虫たちのランタンは印象的でした。中国では虫っておめでたいモノなのでしょうか。
イタリア由来のルミナリエほどの洗練はありませんが、愛嬌は感じます。

「平家物語 犬王の巻」2023/01/05 23:19

古川日出男著、河出文庫で、解説は池澤夏樹。昨年観たアニメーション映画の原作小説。
小説ですが、明らかに映像向けっていうか、読む、よりも語る・聞くを意識した文体。
リズム重視、繰り返しを多用し、情景描写はほぼ無い。
空白の多い語り文芸なので、そこを自由に埋めていった映画版の方が濃密で面白い。そのうえで、映画では略された犬王舞台についての説明や、権力者・足利義満の人物像、歴史的背景なども分かり易く興味深かったです。
ラストで犬王が友魚の霊を迎えに行くところは、原作の方が私好みでした。
呪いを受け、一人は視力を失い、一人は醜く崩れた肉体で生まれてきた。琵琶法師として、能役者として生きた二人。霊験の闇、現世の闇に囚われた彼らが、光を目指します。

「PLAN 75」2023/01/04 00:02

京都みなみ会館は数年前にリニューアルオープンし、おしゃれな外観に上映作品も企画も結構魅力的。ただし、封切りからちょっと遅れて上映。
「PLAN 75」は2022年カンヌで評価され、ざっとした設定は知られていました。早川知恵監督のオリジナル脚本は、近未来型「姥捨て」物語。若者が老人を虐殺する冒頭が、リアルにあり得そうで怖い。繰り返される惨劇に、老人施設では来訪者に対しボディチェック、政府は老人に積極的な死を選んでもらうための手厚い制度を定めた。
しかし、姥捨てっていうのは、年寄りを送り出す側の哀切の物語でもあります。制度に関わる若者たちの、割り切れない、暗い目。最終的な仕事に関わるのはお金に困っている外国人っていう、そういう細かいところが、リアル。
主演の倍賞千恵子は、さすがの貫禄、存在感。か弱い老人のリアル、芯の強さと親しみやすさを兼ね備える。
慎ましくも整頓され清潔感のある生活を送るミチ、78歳。仕事も住む家も見つからず、生活保護に頼ることも考えたけど、いずれ一人でひっそり死んでいくことを思うと。
ミチの選ぶ、未知の道。

「ラーゲリより愛を込めて」2022/12/31 16:05

出演役者さんたちの熱演に尽きます。かつて、かわいい男の子だと思っていた二宮くんは、ボロボロになった中年の役でも上手に演じるものです。芯の強い、でも英雄とか聖人とかではない、等身大のリアルな男として。脇を固める皆さんも、それぞれシベリア抑留者の典型例として、分かり易く説得力のある存在感を発揮してくれました。
原作は30年以上前に発表された有名なノンシクション(未読)だし、戦後ロシアに連れて行かれた人々の過酷な状況については各種報道でも見聞きしている。エピソードとしてはさほど新しい感じではない。
後日談の結婚式シーンや映画版タイトルに表されるメロドラマ要素は、意味の無い要素とは思いませんが、もう少し控えめなほうが良い気もする。奥様も戦後ご苦労を重ねたことでしょうに、肌の色艶が良く美貌が際立って、作品の厳しさが削がれる。
今日、ウクライナからロシアに連れて行かれた人たちも多くいると聞きます。そういう人たちも大変な目に遭っているのでしょうか。町が攻撃を受け逃げ惑うシーンはまさに、今、現実に起こっていることかと思うと、大変恐ろしい。
最近観た「RRR」と違って、暴力を使わない戦いを描く作品ですが、一つだけ共通点がありました。苦しい場面に自分を、周囲を奮い立たせる、歌。
そう、人間としての尊厳を支えるのは、音楽であり、美しい言葉であり、言葉を超える試合(ゲーム)であり、可愛く健気なワンコなのです。
主人公の山本さんのように、魂に文学がある人は、苦境で発揮する文化の力をよく知っているのでしょう。不要不急とか言うな。しんどいときこそ、必要なのです。

「RRR」2022/12/30 00:13

インド系マッチョ、怖すぎて笑えるレベル。シリアスなシーンなのに笑いがこみ上げる。
理屈抜きに面白いって、このことです。インド映画特有の歌と踊りだけではない。肉体的アクションはスピードよりもスローモーションを多用して一つ一つの動作を強く印象付けます。CGの動物さんも大暴れ。なるほど、大スクリーンで観たい作品です。
大変熱いバディもので、対立する立場を知らぬまま友情を深め、苦悩しながら衝突、和解、共闘、勝利。目と目で通じ合う二人。インドの薬草効き過ぎでドラゴンボールの豆かってくらいの効能ですが、東洋の神秘なのです、きっと。
英国での評判・感想を知りたいですね。植民地時代のお話で、英国の偉い人たちの非道さがとても憎々しく描かれています。
……もしかしたら、かつて中国で大受けしたという(今は?)抗日ドラマって、こんな感じなのかな、と思いました。これだけ盛り上げてくれるのなら、いくら荒唐無稽でも拍手喝采されることでしょう、ちょっと観てみたい気もします。

「グレムリン」2022/12/22 22:42

国産車へのこだわりを叫ぶ。貿易摩擦時代を彷彿とさせる一幕でした。

昔観た時には、ちいさい生き物たちカワイイなあ楽しそう、というぐらいの感想でしたが、改めて観ると、猛烈に皮肉が効いていて驚きました。クリスマスの嫌いな女の子のエピソードが強烈。
ホラーコメディ作品、と言っても、小さな悪魔たちが大暴れしている様子はコミカルです。やっていることは凶暴でシャレにならないのですが、あまり怖さは感じません。ホラー要素は、むしろグレムリンたちの死に様、そして、人間の殺し様。優しそうだった母親が、殺意みなぎる形相。
愛らしい生き物は大切にする人間たちが、自分たちにとって害あるモノと判断したときの、非情で残酷な容赦のなさ。もちろん、あれらを放置しておけば大変なことになるので、間違ってはいないのですが。
猫好き婆さんが主人公の飼い犬を嫌って殺したがっている言動がありましたが、本質的なところは、それと変わらないのです。
人間が己の欲望のまま、法もモラルも吹き飛ばしてハメを外せば、グレムリンたちのやりたい放題の姿そのものとなるのでしょう。
手に負えない。

「天使にラブソングを…」2022/12/11 23:13

ウーピー・ゴールドバーグ、「ゴースト ニューヨークの幻」で主演の二人よりずっと印象的だった霊媒師(助演女優賞総なめってやつ)が、主演としても存在感を見せつけた。
録画していた金曜ロウドショウ、土日に二本視聴したのですが、続編の方は、第一弾と比較すると、なんか弱い。お話自体は感動的で悪くないのですが、高校生が歌って踊る画はわりと普通で、修道女(かなりお年を召した方も含む)たちがノリノリでパフォーマンスするインパクトには敵いません。映画冒頭のステージで歌うシーンよりも、尼さんたちとの聖歌のほうがずっと面白いという。メロディーは同じでも、歌詞を「GUY」から「GOD」に変えて、演出もそれぞれの個性を生かして、すごく、楽しそう。
教会に閉じこもって祈るばかりではなく、悪者に捕まった仲間を助けるために危険を顧みず行動するまでになる。尼さんたちの絆を示すと共に、コメディとしての笑いどころでもあり、うまい脚本です。
続編を続けて観たおかげで、第一弾の良さがよりくっきり見えた感じ。
勇気を出して、前へ進む。変革への第一歩を導く、パワフルな映画。