「西部戦線異状なし」2014/06/07 09:54

 Im Westen niehts Neues
 今年はWWⅠ勃発百周年、ということで、レマルクによる超有名戦場小説。ドイツ小説にしては比較的すっきりした文章でしたが、図書館で借りたのがエラク版が古くって、訳がイマイチだったのが残念。
 最初はちょっと、ラノベっぽく感じました。二十歳前後の男の子による一人称で、趣味で詩や戯曲を書くような普通の文系学生だったのが、なりゆきで志願兵となり、戦場へ。過酷な体験によって価値観人生観は異様な何かに塗りつぶされ、戦闘時には嵐のように突撃し、非戦闘時には部隊の仲間たちとバカ話して、戦友の死に立ち会ったりする。
 それだけなら、漫画やアニメなんかでも無数に描かれてきた展開なのですが、大きく異なるのは、主人公が将校でもパイロットでもないごく普通の一兵卒であること。巨大ロボットを操ったり、目覚ましい活躍で味方を勝利に導くようなことはなく、戦況の全体像は分からないまま、しかし確実にプロイセンは苦しくなっていきます。
 塹壕、大砲、シャベル(近接戦最強の武器)。
 タンク、戦闘機、毒ガス。
 餓えと、疫痢と、戦友たちとの絆。
 休暇で帰郷した際に直面する、家族の苦しみと社会の楽観。
 いち兵士の肌で感じた、戦争の実態です。

「朝びらき丸 東の海へ」2011/03/05 16:57

 言わずと知れた超有名ファンタジーですが、原作も映画も第一作しか知らなくて、しかしこの間TVで映画の第二作を放送していたので観てみました。やっぱりファンタジーワールドすごいなあ、映画三作目も、ちゃんと3Dで観るべきか、どうしようか……
 とりあえず、原作の方を読んでみました。
 人間の子供達がナルニア世界にやってきて冒険するのですが、今回は、敵大ボスと派手に戦って勝利して大団円、ではありませんでした。船に乗って、行く先々の島で不思議なことに出くわしていく「ワンピース方式」です。
 だからイマイチ盛り上がらないというか、ラストはファンタジーというより幻想小説っぽかったです。
 ストーリー的には、捻くれ者のユースチスがドラゴンになって改心するあたりがクライマックスに思えるのですが、その時点で全体の三分の一あたり。そこから先は長く感じました。
「丸い世界には、とくにわくわくするようなことは、一つもありはしませんよ」
 摩訶不思議なナルニアに比べれば、子供達がやってきた人間世界はつまらないものに見えてしまいます。しかし、元の世界に帰っても、子供達はアスランに出会うことができると言われます。
 善良と正義の力の化身のようなこのライオンさんは、この航海で幾度も形を変えて現れ、みんなを助けてくれました。あんまりしょっちゅう出てきてくれるてもなんか有難味が薄れてきちゃうのですが。
 伝説的で偉大な存在が、でも実は案外と近くにいるんですよってことなんでしょうね。

「宮廷画家ゴヤ 荒ぶる魂のさけび」2010/11/14 16:14

 作者はドイツ生まれの米国亡命ユダヤ人、リオン・フォイヒトヴァンガー。
 562ページもある読みごたえのある小説で、ゴヤが宰相ドゴイに近付くあたりから、『ロス・カプリチョス』の原版を王家に贈り、『巨人』の着想を得るところまでを描いています。巻末の年表を参照すると、事件や作品制作の順番が食い違うところも見られますがまあ、そこは「歴史書」じゃなくて「小説」ですから、盛り上がりさえすればあんまり気にしない。
もう少し長く、せめてフランス軍に攻め込まれたりドゴイが逮捕されたり『戦争の惨禍』を製作するあたりまでやってほしかったですが、まだ、そこまで混乱していなかった、古くからの迷信や俗習が残っていた時代のスペイン。仏革命の影響を受けた進歩主義と教会と王家を絶対視する保守主義とのせめぎ合いが本書の大きな筋となっています。
 登場人物一覧が欲しかったですね、みんな個性的です。たとえばマリア・ルイーサ王妃とアルバ女公爵との女の戦いとか、ゴヤと同様低い身分からのし上がったドゴイが政争と女関係に腐心している(そしてスペイン国政はダメになっていくんですね)とことか、激しくケンカしながらも互いを認め合うゴヤと助手のアウグスチンとの関係とか、見所です。
 最初のうちは、大勢いる登場人物が私の中で整理し切れなかったし、主役のゴヤがなんか乱暴で偏屈な怒りっぽいおっさんに思えて、あんまり面白く思えなかったのですが。
 本書の副題にあるとおり、激しく情熱的な国民性について丹念に語っています。冒頭にから、スペイン人はドン・キホーテを滑稽だと笑いながら、しかし古い騎士道精神を称えるとあります。英雄を好み、人を愛し、陽気で喧嘩っ早くて、颯爽と格好つける。マホとマハ、本書では「伊達男」「伊達女」とも表記される、熱いスペインの庶民たち。
 農夫の息子であるゴヤもそんなマホの一人であり、同時にエレガントで陰謀渦巻く宮廷にも属す。古き良き保守主義の魅力と欠点を持ち、芸術面では進歩的な業績を残した宮廷画家の、やたらと浮き沈みする魂のさけび。