「劇場版 PSYCHO-PASS」2015/02/16 00:55

 エンディングが「名前の無い怪物」だったのが予想外で、嬉しかったです。作品にぴったりで、好きな曲でしたから。
 TVシリーズ二期がひどいもんだったので期待半分不安半分だったのですが、メッチャ良かったです。最初から最後まで格好良かった。劇場の大画面大音量で鑑賞するに値するアクションと演出。ヤバい、もっかい観に行きたい・・・
 巨大ロボット戦闘が派手。そんな最新鋭武装ドローンを相手に、破壊力の劣る旧式武器で堂々と渡り合うコウちゃんが素敵すぎます。強い、優しい、賢い、カリスマ。
 そんなコウちゃん相手に、不意をついたとはいえ近接戦闘で一本取ってしまうヒロイン。彼女の泳げない設定や寝相悪い設定も克服されてしまったようで、ますます有能っぷりに磨きがかかってきました。
 どこまでも万能キャラでありながら反感は無いのは、彼女の言葉の正論さとか抱えているものの重さとかもあるでしょうが、私生活の侘しい様子も描かれているのが大きいと思います。頑張ってください、としか言えません。
 ストーリー的には説明不足なんじゃないかと思う点もあって、「結局何から何までラスボスの掌の上!?」と思うと・・・。彼女たちの頑張りは何だったのか、と虚しくなるか。ラスボスなんだからそのくらい強大で手強いくらいな方が良い、と思えるか。で評価が分かれそうです。
 しかし、なんだかんだ言って、別れの言葉もなく逃亡してしまったコウちゃんが、朱ちゃんとギノさんと再会して(三年半ぶりぐらいか)くれただけでもう、十分とも言えます。
 続きも、このスタッフで、制作してくれないかなあ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2015/02/16/7573447/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。