「万引き家族」2018/07/15 18:07

Shoplifter
是枝監督の作品は何本か観たことあるけど、自分の中では、「誰も知らない」を越えるものが出ない。
タイトルで損しているというか、まるで万引きをメインにしているような印象。この言葉を拡大解釈するとすれば、彼らが万引きした最大の獲物は「心地よい裏街道人生」。
家族と言う群像劇ですが、いろんな要素を詰め込んでいて、でも一つ一つの要素はどこかで観たような聞いたような。年寄の年金頼みの貧困世帯とか、疑似家族とか、風俗嬢と客がちょっと純愛しているとか、虐待する肉親と普通ではないけど温かい庇護者。 
万引き家族たちは虐待された女の子に愛情を注いで救うのだけど、皆がもう一つの名を持ち後ろ暗く生きている中にいて、彼女にどんな未来があるだろうか。
その矛盾に気づいて、現状を打破したのが祥太くん11才。真の主演男優はリリー・フランキーじゃなくて城桧吏君だよなー。ここが、この作品中で最もドラマチックであり、同時に最もファンタジックと言うか。
周りの大人たちが当り前のように万引き生活していて、それで楽しくやれていたら、それを当り前に思う大人になっていってもおかしくない。駄菓子屋の親父にちょっと諭されたくらいでちゃんと考える、彼のマトモさは奇跡。 
祥太くんは、学校には行ってないけど本をよく読むという設定でした。
皆がもう一つの名を持ち後ろ暗く生きている中(インターネットとか?)だからといって、それを偽りと言い切れるだろうか、愛や真実はないのか。
最後に、祥太くんか、りんちゃんかが、「お父さん」「お母さん」と呼ぶのだろうと思って観ていた。
しかしそれはなかった。
母親になれなかった安藤サクラや父親になれなかったリリー・フランキーは色々しゃべるのに、無言でリアルを見つめる子供たち。そのまなざしが、是枝監督上手いなーと思わせる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2018/07/15/8917464/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。