「カウボーイビバップ 天国の扉」2019/01/02 17:12

20周年!で、昨年放送されていたハードボイルド系?SFアニメシリーズ。
当時評判になっていたのでどんなものかと思って視聴していたのだけど、全体的な感想としては「そこまでいうほど面白いかなあ?」
音楽とかオシャレだけどお話そのものはどこか、中途半端にカッコウつけている感じで、どちらかというとエドとワンコの可愛らしさを愛でていました。
しかし、大晦日深夜に放送された映画版は、文句なしに面白かった。軍と、違法な新兵器、警察、テロリスト、テロリストと関係ある美女、夢と現を繋ぐ蝶のイメージ。そこに絡んでくる賞金稼ぎ達。私の好みだ。
記憶を失い、夢の中にいるように虚しくなっていた男が世界を壊そうとする。
折しも、新年早々暴走テロやらかした若い者がおりましたが。
夢っていうのは、オノレ一人しかいない世界だ。
現実っていうのは、自分以外がいる。自分と関係ある人も無い人も、それぞれに生きている。それに思い至ることができない人は、夢の中の人。
この映画は出来事と各人物背景との関係性がキチンと練られていて、ただのオシャレ感以上のストーリーの面白さがありました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mimikaki.asablo.jp/blog/2019/01/02/9020370/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。